読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサシンの極意-どこでキルを拾う?

初心者 中級者 Mid アサシン

はじめに

f:id:howchalle:20161114221519p:plainf:id:howchalle:20161114221608p:plainf:id:howchalle:20161114221559p:plain

アサシンといえばたくさんのチャンピオンがいます・・・有名どころでf:id:howchalle:20161114221519p:plainf:id:howchalle:20161114221559p:plain

f:id:howchalle:20161114221637p:plain、他にもf:id:howchalle:20161114221830p:plainf:id:howchalle:20161114221500p:plainのような瞬間的にダメージを出すチャンピオンもアサシンに分類されるでしょう。アサシンを使うにおいて大切なことが出来るだけキルを拾うことです。今回はSoloQにおいて終盤までにどのようにしてキルを拾うのかについて書いていきます。

 レーン戦

避対面をソロキルをできればそれが1番なのですがそう毎試合ソロキルが出来るというわけではありません。しかし、ソロキルはできずともレーン戦が5分以上、ならば相手のJunglerの位置を掴みそれを倒す、もしくはRoamによりキルを得るということです(当然といえば当然かもしれません)

・相手のJunglerを倒す

序盤のJunglerはそこまで堅い、というわけではありませんので、こちらにultがある場合は対面をソロキルするよりも簡単にヘルスを削りきることができます。そのためにはできるだけ深くにワードを刺しましょう。例としては相手の鳥の中や川の草むら

f:id:howchalle:20161114222109p:plainf:id:howchalle:20161114222131p:plain

 

このワードにより相手のJunglerの位置、ヘルスが少ないかどうか、次にどこにいくかなどがわかるので仲間のJunglerと襲ったりすることができます。

 

・小競り合いでキルをとる

川でのJungler同士の戦いには状況にもよりますが寄れる場合は積極的に寄って参加しましょう。運が良ければキル+Buffが手に入り一気にレーンが有利になります。またJungler同士の戦いでなくてもBotやTopが3vs3などの小規模戦をしている場合は積極的に参加しましょう。ソロキルするよりもはるかにキルがとりやすいです

・ Roamでキルをとる

多くの方が行う方法です。この時に大切なのが、できるだけサモナースペルを切らしているレーンに行く、もしくは勝ってるレーンに行くことです。なぜかと言うと特に序盤はスキルのどれかをf:id:howchalle:20161114222736p:plainで避けられた場合は倒しきれない場合が多いからです、勿論そのRoamによりf:id:howchalle:20161114222736p:plainを切ったレーンでは有利をとれますがRoamを行っている間にMidではCSと経験値を幾つか失います負けているレーンに助けに行くことも大切ですが、SoloQでは特に全てのレーンが勝てるというわけではありません。特に自分がアサシンを使っている場合はできるだけ序盤にキルを集める、という点でも成功率の高いレーンにRoamを決めてキルを稼ぐことがより試合に勝てると自分は考えています(あくまでSoloQ思考です。FlexQやチームではまた変わってきます

中盤以降

中盤以降はFarmする時以外はできるだけ相手の視界から自分の姿を消すことを意識しましょう。特に大切なのが相手の動きをできるだけ先読みして動いておくことです。相手がどこにCSを取りに来るか、どこにwardを置きに来るか、というのを考え待ち伏せしましょう。狙い目は相手のAdcとMid、Supportでしょう。

相手がどこにくるかを先読みして待ち伏せしてスキルを全て叩き込むことで、相手を倒すことができます(相手からすれば非常に鬱陶しいかぎりです)

 

 まとめ

 

・レーンでソロキルが難しいと思った時はJunglerやRoamを狙う

・川での戦闘や小競り合いにはできるだけ参加する

・Roamは勝っているレーンのほうが成功率が高い

・中盤以降は相手の動きを予測して待ち伏せする

最後に

レーン戦でソロキルできなかったけど相手のJunglerを倒したり小競り合いでキルがたくさん入った!というのは良くあることです。それを自分から能動的にとりに行くことで、だんだんどのようにすればキルが入るのか、ということがわかってくるようになります。ソロキルできないからといってへこまずにどこでキルが取れるのか、ということを考えながらプレイしましょう。