読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

青バフ、どんくらい大切なの?

はじめに

f:id:howchalle:20161114230555p:plain

青バフ・・・それはMidlanerからすると喉から手が出るほどほしいものです。青バフに関してはkrなら2個目の青を絶対渡す~やf:id:howchalle:20161114232039p:plainに青はいるの~やらみなさんも聞いたことがあると思います。今回はその青バフに関してMid視点で見ていきたいと思います。

 

青バフとは

まず青バフの効果をおさらいしましょう

  • 効果時間:90秒(初回のみ120秒)
  • + 15% Ability Power
  • + 25 Mana Regen / 5s + 最大Mana/Energyの1%を毎秒回復
  • +10% Cooldown Reduction

(wikiより引用)

とまあ4つの効果があります。効果時間は90秒。マスタリーのf:id:howchalle:20161114230703p:plainとれば15%伸びます。(Fakerはクッキーではなくこれを良く取ってます)

1つ目の効果はAPが伸びます 後半になればなるほど多きな効果が期待できます。

2つ目の効果はManaとEnergyの回復量アップ。個人的にはこれが1番大きい効果です。多くの人が「青くれー」という理由がこれになります。簡単にいってしまえばスキルを使いまくれるのです。f:id:howchalle:20161114221559p:plainが青をほしがる理由がこれですね。

3つ目の効果はCDR10%。これもなかなか強い効果です。自分はCDRを高く評価するタイプなので(スキルのローテーションが速くなるため)馬鹿にできません

どのくらい重要?

ではどのくらい重要なのか、基本は青はだいたい青が2回目に沸くタイミング(7分ごろ)に基本的にはもらえます。このとき青をもらえなかったor相手に取られた場合はチャンピオンにもよりますが、不利をレーンで背負うことになります。こちらが青バフを持っておらず、相手が持っている場合は相手はスキルをたくさん使えるがこっちはマナの管理をしながら使用しなければいけない、また若干CDR,AP差も出てしまい同じ腕同士ならば殆どの場合で青を持っている側が勝つほどの差が出ると思っています。あと若干ですが経験地の差も発生します。相手の青を管理する!という言葉があるように逆に相手に青を渡させないということはそれだけのアドバンテージをこちらで得ることが出来る、ということです。ああ

よくある質問

青に関するよくある質問を載せます。(自分なりの考えなので他の方は違う回答がでるかもしれません)

Q.青が絶対に欲しいと思うチャンピオンは?

A.f:id:howchalle:20161114230957p:plainf:id:howchalle:20161114231008p:plainf:id:howchalle:20161114231014p:plainあたりでしょうか。涙を積むチャンピオンは序盤はマナがきつい場合が多いのでめちゃくちゃほしいです

 Q.f:id:howchalle:20161114231014p:plainに青はいるの?

A.いります。自分はかなり青の優先度が高いチャンピオンだと思います。できるだけ試合が終わるまで取り続けたいレベルです。

 Q.f:id:howchalle:20161114232039p:plainに青はいるの?

A.自分はいらないと思います。理由としてはとりにいくのが面倒くさい、森が取ったほうが青をうまく活用できる場合が多い、といったところでしょうか。

 Q.青を森が2回目にくれなかったんだけど・・・

A.たまにありますが次にもらえることを祈りましょう。しかし青の差でプッシュが出来なくなる場合があるのでサイドへの寄りの部分が遅れる可能性があるのでそのことは伝えたほうが良いでしょう

 Q.Junglerに青を2回目も渡したほうが良い?

A.自分は渡しても良いと思います。が、できるだけほしいというのが本音です。森の周回が青がないと厳しい場合や青の時間に自分が倒されてしまっている場合はJunglerがとるのが良いでしょう

まとめ

・青の効果は3種類

・青の有無でMidの差が生まれる(特に序盤

f:id:howchalle:20161114231014p:plainで青は欲しいです

・森のチャンプによっては2回目の青をあげる

最後に

相手の青をとること(特に2回目3回目)はかなり大きい行動です。取れずManaを頻繁に使うチャンピオンがMidの時に、相手の青バフへスティールのプレッシャーをかけf:id:howchalle:20161114234514p:plain相手のJunglerに取らせることでMidの有利を得ることに繋がります。このあたりは高度なテクニックになってきますが相手のMidに青バフを渡さない、という行動は勝利のための1歩、と考えてよいでしょう。