はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

失敗を恐れずアグレッシブに挑戦しよう

はじめに

f:id:howchalle:20161127195641p:plain

NormalでもSoloQでもレーン戦で、ソロキルされてはいけない!と考えレーン戦Passiveになりすぎるのは間違いです。1度負け始めたら終わり!というマッチアップもありますが普通のマッチアップでは1度ソロキルされたからといってそのままゲームが終わってしまうことは少ないです。強気になれば勝てるのに相手にビビってしまいダメージトレードに負けてしまうのは初心者の方でありがちです。

 

弱腰はいけない!

レーン戦だと相手がスキルを打って来た!痛い!となりそのまま下がってしまうのは初めたての頃ではありがちですが、弱腰になり相手にダメージを返さずにダメージを受け続けてしまうと永遠に一方的にハラスをされ続けてしまいます。一番いけないのは1~5lvでの一方的にダメージ交換をされて相手がフルヘルスのままこちらがやられることですね。一方的に殴られっぱなしでは一向に上手くなりません。思い切ってダメージを返しに行ってみましょう。思い切って行って負けてから初めて何がダメだったのかを反省することが出来ます。(ミニオンの攻撃を受けてしまっていたのか、こちらがスキルを外したのか、それとももともと勝てないマッチアップだったのか・・・等)

ソロキルは誰でもされる

SoloQでは競技シーンとは違いソロキルは頻繁に発生します。ソロキルすることもあればソロキルされることは必ずあります。ソロキルされてもどこかで取り返せる場面は必ず出てくるはずなので失敗を恐れずにアグレッシブなプレイをしましょう。アグレッシブなプレイをすることで相手の与えるダメージ、自分の受けるダメージの計算がだんだんと出来るようになり、相手チャンピオンの食らってはいけないスキル、チャンピオンの隙がだんだんとわかるようになってきます。SoloQのプロのプレイ動画を見てもらえれば分かりますが頻繁にソロキルが発生していますつまりプロでもsoloQではがんがんソロキルをされる、するのです。それは限界までアグレッシブに挑戦しているからです。上にも書きましたが弱腰のままでは成長することができないので挑戦しましょう。特に苦手意識のあるチャンピオンには積極的に挑戦してみましょう。(ただし2回以上ソロキルされてしまった場合は一気にレーンがきつくなり他のレーンへの圧力がかかってしまうのでそこだけは注意してください。)

まとめ

  • 弱腰にならずダメージを返す
  • ソロキルは誰でも1度は経験する
  • アグレッシブなプレイをするとそれだけ成長できる。
  • プロでもsoloQでソロキルは頻繁に発生する
  • (2回以上ソロキルされてしまうと仲間に迷惑がかかるので気をつけよう)

最後に

レーン戦をパッシブなスタイルで行くことも非常に大切なことですが、上手くなりたいならばアグレッシブに行った方が確実に上手くなります。特にMidならアサシン相手を苦手にしている人、Topでf:id:howchalle:20161127064519p:plainに対して苦手意識を持っている人は案外アグレッシブにダメージを与えに行くと勝てたりします。今まで他のレーンが勝つのをまってパッシブなプレイばかりしていた人は是非アグレッシブに行くことをオススメします