はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

とんでもDPSで相手を倒せ!カシオペアガイド

はじめに

f:id:howchalle:20161128212249p:plain

f:id:howchalle:20161115001358p:plainは現在Midの中でも上位にいるチャンピオンです。大会でPickされてるのを見て使いたいけど難しそう・・・と思っている方も多いでしょう。 確かに少し難しいチャンピオンですが使えればそれなりに強力なチャンピオンなので今回は出来るだけわかりやすくガイドを書いていきます。

 チャンピオンの長所、短所

長所

・全チャンピオンの中でもトップクラスのDPS

・Wによる相手の行動阻害

・中盤以降のスケールが大きい

短所

・靴を積めないため序盤のMSが低い

・自衛スキルが無いに乏しいためGankに弱い

・慣れるまで時間がかかる

スキル紹介

P・・・靴を積めない代わりにMSが上昇します。このPassiveのせいで序盤はかなり足が遅いです。

Q・・・地点指定スキルです。f:id:howchalle:20161115001358p:plainがダメージを出せるかどうかはこのスキルを当てるか当てないかにかかっています。CDが短いので適当に打ってしまいがちですが、丁寧に打ちましょう。

W・・・現在のこのチャンピオンの代名詞といっても良いスキルです。このスキルになかされたプレイヤーも何人もいるでしょう。この沼の上ではいかなる移動スキルも使えなくなります。f:id:howchalle:20161127220132p:plainのEにも乗れなくなります。相手の移動先を塞ぐのに、相手の陣形を乱すのに使いましょう。

E・・・f:id:howchalle:20161115001358p:plainの主なダメージソースです。対象が毒状態なら追加ダメージを与え自身のHealthを一定量回復します。基本毒が入った敵にこれを使いダメージを与えます。スキル硬直が短いので、できるだけ移動しながらこのスキルを使いましょう。このスキルでCSを取ると消費したManaが帰ってきます。このスキルでCSをがんがんとっていきましょう。

R・・・このスキルを食らった対象が前を向いているならスタン、後ろを向いているならスロウを与えます。相手が固まってこちらに向かってきている際などの迎撃時にカウンターエンゲージとしてかなり優秀なスキルです。またGankにきたJunglerをこのスキルからのW→Q→EEEE...で倒すことも出来ます。ただし相手が後ろを向くとスロウにしかならないためスタンを避けられる可能性もあることを頭に入れておきましょう。

スキルオーダー

1Lvは基本的にEで大丈夫です。その後は2LvでQ、3LvでW、それ以降はR>E>Q>Wの優先度で上げていきましょう。

モナースペル

f:id:howchalle:20161114233739p:plainは必ずもって行きましょう。Blinkのスキルがないのであるのとないのとでは大きく生存率が変わってきます。基本的にもう1つはf:id:howchalle:20161114234045p:plainで良いでしょう。追いかける際にも逃げる際にも使える優秀なスペルです。また、レーン戦でソロキルを十分に狙えるチャンピオンなのでf:id:howchalle:20161114233910p:plainを持って行っても良いでしょう。f:id:howchalle:20161114234408p:plainは相手にCCが多い際に、f:id:howchalle:20161114233659p:plainは対面がアサシンの時に選択すると良いです。

ルーン、マスタリ

f:id:howchalle:20161127222405p:plain

基本はこのルーンでよいでしょう。レーン戦がきつそうならばCDRの部分をMRに変えたものでも良いでしょう。

f:id:howchalle:20161128212314p:plain

f:id:howchalle:20161128212328p:plain

キーストーンは上の2つのどちらかでよいです。12の部分は計略思想、不業不屈は好みで選びましょう。

ビルドパス

f:id:howchalle:20161115000928p:plainは基本的に全ての場合で積みます。フルビルドの形はf:id:howchalle:20161115000928p:plainf:id:howchalle:20161115001037p:plainf:id:howchalle:20161115001035p:plainf:id:howchalle:20161115001059p:plainf:id:howchalle:20161115001122p:plainf:id:howchalle:20161115001258p:plain

f:id:howchalle:20161115001258p:plainの代わりにf:id:howchalle:20161114225856p:plainf:id:howchalle:20161115001506p:plainf:id:howchalle:20161115001510p:plainのような防御アイテムやダメージが更に欲しいならf:id:howchalle:20161127223742p:plainを積んでも良いでしょう。

スタートアイテムはf:id:howchalle:20161127223936p:plainf:id:howchalle:20161127223937p:plainで良いです。Eを使うことで消費マナが返ってくるのでCSを落とさない限りは基本Manaが減りにくいです。1度目のRecallでf:id:howchalle:20161115001636p:plainを買いましょう。この後はレーン戦の状況次第によって購入アイテムが変わります。基本的にはf:id:howchalle:20161115001035p:plainに向かってしまってよいですがレーン戦少し厳しいと感じたならばf:id:howchalle:20161115001258p:plainを完成させに向かうか、f:id:howchalle:20161127224531p:plainだけを購入して少しMRを上げておくのも手です。2core完成した後はf:id:howchalle:20161115001122p:plainもしくはf:id:howchalle:20161115000928p:plainの完成に向かいましょう。このあたりからManaの消費量はあまり気にならなくなってきます。この後は相手にMRが多いならf:id:howchalle:20161115001037p:plain、APが欲しいならf:id:howchalle:20161115001059p:plain等を積んでいきましょう。

レーン戦

1Lv~・・・基本は可能ならCSはEで取りましょう。射程もAAよりもEの方が長いです。

また相手にEでハラスしにいってしまうとManaが一気になくなってしまうので5~6割Manaは残るようにしましょう。

2Lv・・・ここでレベル先行が出来ればかなりレーン戦で有利が取れます。QからのEの連射で相手のヘルスを一気に持っていくことが出来ます。

3~5Lv・・・Gankに気をつけつつFarmをします。相手がスキルを外した時はチャンスです。積極的にQを当てに行きましょう。またWを敷くと基本的に相手は心理的にもその上を通ることは出来ないので相手がCSを取りに来る際に打つことで相手がCSを取りにくるのを妨害することが出来ます。

6Lv~・・・Ultは強力ですがそこまでレンジが長いというわけではありません。基本はQWを交えたEでハラスをすることを主に、Rはトドメ、Gankへの対処に使いましょう。またレーンを押したいときはQとWでミニオンを毒状態にしてから狩りましょう。また毒状態のミニオンにEを使うとヘルスが回復するのでこれも利用しましょう。

  • 意識すること

Qは相手がCSを取りに来たところを狙い打ちましょう。Qが当たるとMSが上がるので相手との距離をつめてEを当てにいくことができます。Eを当てに行くときは相手のスキルを避けながら近づくことを意識しましょう。

  • 気をつけること

EでCSを取る際は出来るだけ落とさないようにしましょう。慣れないうちは難しいですが慣れてしまうとAAでCSを取るより簡単です。Eを使用してCSを落としてしまうとドンドンとManaがなくなってしまいます。

このチャンピオンはGankに弱いです。(相手のJunglerのヘルスが少なかったりすれば倒すことが出来ますが)アグレッシブにいきすぎてGankに無警戒にならないようにしましょう。

集団戦

このチャンピオンは2core(試合時間でいうと20分頃〜)が急激に強くなります。レーン戦で有利を取れなくてもCSさえ取っていれば中盤以降でダメージを出すことができるチャンピオンです。集団戦は基本的に相手の前衛から、隙があれば後衛を狙う、という形で良いでしょう。ちなみに相手の後衛(Adc,Mid)はUlt→W→Q→EEEE...で逃げられずに倒すことができます。

  • 意識すること

Qは慌てて打たずに落ち着いて打ちましょう。これが当たらないとダメージが出せません。相手がBlinkで懐に入ってきた時こそ落ち着いてQを当てましょう。QによるMS上昇で逃げ切ることができます。

Wは相手の逃げ道を塞ぐ、相手を分断するように使いましょう。相手からするとWの上は通れないとほぼ同義なので相手の陣形を崩して孤立させやすくなります。またUltでスタンさせた相手の上に敷くと相手は完全に逃げられなくなります。

Eは移動しながら打つことを心がけましょう。(AdcのAAと同じような感覚です)Adcと同じように常に安全かつダメージが出せる位置に移動しながら攻撃します。ここがこのチャンピオンが難しいと思われる部分です。

Ultはできるだけ無理に複数人に当てる必要はないです。AoEなので複数人に当てたくなりますが複数人に当てたいからといって結局使わずに仲間が全員やられてしまった、といっては元も子もありません。慣れないうちは相手の前衛1人でも良いので確実に当てましょう。当てた後はWを敷くなりQからEを打つなりしてダメージを与えましょう。

  • 気をつけること

f:id:howchalle:20161115001358p:plain一方向からくる相手にはめっぽう強いですが、囲まれてしまうとなにもできません。出来るだけ孤立しないように心がけましょう。また、ダメージを出すためには近づかなければなりません。気がつけば相手に近づきすぎていた!なんてことがないように気をつけましょう。

得意な相手、苦手な相手

  • 得意な相手

f:id:howchalle:20161128212759p:plain・・・レンジが短いのでQで狙い撃ちに出来ます。青バフを持ったときはQWEでガンガン攻めましょう。ただし集団戦で懐に入られるとR以外での対処方がないのでレーン戦で有利を作る必要があります。

f:id:howchalle:20161128212815p:plain・・・8:2くらいの割合で有利です。Qを当てるとPassiveが消える&ダメージが入るのでf:id:howchalle:20161115001358p:plainの前ではPassiveが無いのと変わりません。f:id:howchalle:20161128213112p:plainを積めばレーン戦はかなり有利がとれます。ただし集団戦ではサイレンスがあるのでうかつに近づかないようにしましょう。

  • 苦手な相手

f:id:howchalle:20161128213234p:plain・・・射程外からの攻撃にはなすすべがありません。避けながら攻めるかf:id:howchalle:20161114233739p:plainでAllinしましょう。

f:id:howchalle:20161114221830p:plain・・・ロングレンジのスタンからのGankやUltのバーストに対しては何も出来ない場合が多いです。QやWを避けながら戦うしかありません。

f:id:howchalle:20161122180840p:plain・・・f:id:howchalle:20161115001358p:plainはダメージを出す際に近づかなければならないのでゾーニングを得意とするチャンピオンは戦いづらいです。特にQを食らってしまうとひとたまりもありません。

Tips、小ネタ

 

youtu.be

f:id:howchalle:20161115001358p:plainのUltの詠唱中にf:id:howchalle:20161114233739p:plainを使うことで相手に反応する時間をあまり与えずにUltを放つことができます。f:id:howchalle:20161114233739p:plainを使ってからのUltだと避けられる可能性が高いですがこのテクニックを使うと相手はほぼ避けられません。

参考動画

SKT T1 Faker CASSIOPEIA vs SSG Crown ORIANNA Mid - Patch 6.21 NA Ranked - YouTube

Fakerのf:id:howchalle:20161115001358p:plainはかなりアグレッシブなプレイをします。積極的に攻めたい方は特にミニオン、相手にスキルを打って押すタイミングなどを参考にしましょう

225. TSM Bjergsen - Cassiopeia vs Ekko - Mid - KR Bootcamp - September 20th, 2016 - LoL Master - YouTube

動画時間6:40あたりからのGankを返り討ちにするシーンは必見です。

最後に

このチャンピオンは使ってて面白いチャンピオンです。特に育っている時は他のMageよりも遥かに相手を倒すことができます。World2016で何度もPickされているのを見て「使ってみたいけど難しそう」と思った人はこれを機に1度触ってみてはいかがでしょうか。