読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KRのMidでついに○○が勝率1位に!

Mid SoloQ コラム OPチャンピオン

はじめに

f:id:howchalle:20161201195418p:plain

アサシンアップデートが入ってから約20日ほど経ちました。色々なチャンピオンに変更が入りましたが、先日Rework後のf:id:howchalle:20161114221637p:plainKRSoloQのMidlaneでの勝率が1位になりました[S6] LeBlanc Middle - Champion Analytics (Item Build, Skill Order, Summoner Spell, Runes, Masteries) - League of Legends(OP.GG調べ)

今回はf:id:howchalle:20161114221637p:plainが何故勝率1位に躍り出るまでになったのか?という考察を書いていきます

 何が変わったの?

簡単に言うと、後衛を一瞬で消し去る能力は落ちました。Adcは(相当育っていない限り)QREのコンボでのわけのわからないダメージにビクビクすることはなくなりました。理由としてはPassiveが付与されるまでに1.5秒の猶予があるのでその間にBlinkで逃げたり回復したりと対抗手段が取りやすくなったからです。またWを再利用しての元の位置に戻るのにラグが発生するようになったのでよりカウンターによるダメージ/CCを受けやすくなりよりシビアな立ち回りが要求されるようになりました

しかし、変わりに得たものがあります。それがミニオン処理能力です。Remake前のLeblancはミニオン処理に少し時間がかかるチャンピオンでしたが、今のLeblancは序盤でもW→Qでミニオンの殆どを処理できてしまいます。(身を乗り出すというリスクがありますが)ミニオンが処理するのが早いと、Recall、Roamなどと、相手よりも早く動けるので非常にリズムが作りやすいです。

また、Eの鎖も相対的に強化されました。Passiveの追加ダメージは1つ目のスキルを当ててから1.5秒後にスキルを当てると発動するのですが、Eの鎖をつなぐ→Eのスネアが入るだけで追加ダメージが発生します。この時にf:id:howchalle:20161129213501p:plainの追加ダメージも発生するのでこれだけで相手のHealthをかなり減らすことが出来ます。(後半になればEだけで1000ダメージを出すことも・・・)

Ultの再演も、以前は"最後に使ったスキル"でしたが"次に使うスキルを強化する"という内容に変わったのでプレイの幅がより広がりました。

集団戦

以前のf:id:howchalle:20161114221637p:plainは相手の隙をうかがって後ろに飛び込み相手のダメージ源にバーストを一瞬で叩き込む。というチャンピオンでしたがダメージを出すのに少し時間がかかってしまう&反撃を受けやすいので難しくなりました。なので基本は相手の前衛に鎖を当てて仲間と一緒に前衛にダメージ与えつつ、後衛にはW→QでのAOE大ダメージを狙う、という立ち回りが必要になりました。またHealthの少ない相手の一掃も出来るのでWとRWをアサシンのように使うことも可能です。

結局何がつよいの?

W→Qでの圧倒的ミニオン処理力による相手より一手早く動ける点、W→Qによるハラスでの高ダメージ、鎖単体での高ダメージ&CCとSoloQにおいて必要なものがほぼ全てそろっています。小規模戦でも鎖さえあてれば相手を瀕死に追い込めるので、レーン戦、集団戦などの全ての状況でEの鎖が当たれば強いです。

まとめ

  • f:id:howchalle:20161114221637p:plainがKRでMidの勝率1位に
  • 後衛を一瞬で倒す能力は落ちた
  • ミニオン処理能力が格段に上昇した
  • 鎖を当てればとても強い
  • 集団戦は相手の前衛にダメージを与えつつ後衛を狙うチャンピオンに

最後に

f:id:howchalle:20161114221637p:plainは使ってみましたが強いです。特に序盤、中盤ミニオン処理能力は他のチャンピオンよりもはるかに早いですし、(PBEで既に変更案がきてますが)Eの鎖単体で大ダメージを出せるのも強力で以前よりもTankを簡単に処理することが出来るようになりました。RRで自分の分身をMap全体指定で出せるのも面白いです。しかし以前ように相手を何もさせずに倒す、ということは難しくなりました。なのでRemake前とは殆ど別チャンピオンになったので前のは使えなかったけど今のf:id:howchalle:20161114221637p:plainなら使えるかも・・・ということもあるので是非1度使ってみることをオススメします。