はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

相手のJunglerの位置を予測しろ!

はじめに

f:id:howchalle:20161205203609p:plain

レーン戦でよくGankを食らってしまう人の傾向として、レーンを押しすぎという理由以外に、"相手のJunglerの位置をあまり予測していない"という理由があります。Wardに相手のJunglerが映ってなくても、仲間や相手の行動で相手のJunglerの位置があるていど予測できます。今回紹介する内容は全てのレーンに関係することなので覚えておいて損はないです。

相手の行動でJunglerの位置を予測する

  • 青Buffで予測する

1番簡単なのが青Buffの狩る時間です。相手のMidが青Buffに向かいMidが青Buffをもらったならば少しの間相手のJunglerは相手の青バフ付近にいる、と推測が立つので逆サイドのレーンはアグレッシブに行くことができます。

  • 対面の動きで予測する

対面が急にアグレッシブになり始めたり、前に出てCCを当てに来ようとしている時は相手のJunglerがGankに向かっている可能性が非常に高いです。BOTならブラフの可能性もありますが)例を挙げるなら、あんまりアグレッシブじゃない相手のf:id:howchalle:20161114221500p:plainが急にMinionの前にEを当てに歩いてきた・・・のような相手が急にアグレッシブになったら気をつけましょう。相手のJunglerが近くにいる可能性が高いです。

上記のように、相手のJunglerが視界に映ってなくても位置をだいたい予測することができるので、これを意識することでGankを受ける頻度を減らすことができます。

仲間の行動で相手のJunglerの位置を予測する

上で相手の行動で相手のJunglerの位置を予測できると書きましたが、仲間の行動(主にJungler)でも相手のJunglerの位置を予測することができます。

  • 仲間の視界の取れている場所で予測する

仲間が相手の森の中立クリープの近くにWardを置いている時、そのクリープが湧いてしばらく相手があまりその中立クリープを狩りにきていない場合は逆側にいる可能性が非常に高いです。

  • 仲間のJunglerがGankに行った逆のレーンは注意する

例えば仲間のJunglerがBotにGankに行ったとします。ここで相手のJunglerが取る選択肢は、

  1. Gankを受けているレーンを助けに行く
  2. 自分の森でFarmを続ける
  3. CounterJungleをする
  4. 他のレーンにGankにいく

の4つです。特に多いのが3,4のCounterJungle、Gankです。仲間のJunglerがMapの逆側で姿を見せている間は狙われるのは自分かもしれない、と他のレーナーは注意しましょう。またGankにこなくても比較的相手が近くにいる場合が多いのでアグレッシブにいきすぎないように気をつけましょう。

まとめ

  • 相手のJunglerの位置を予測する
  • 相手のレーナーの動きで予測する
  • 仲間の動きで予測する
  • 味方Junglerが逆側で姿を現している時は注意!

最後に

相手のJunglerの位置を予測することはこのゲームにおいて非常に大切なことです。特にうまいJunglerは相手のJunglerの位置を把握することに長けています。一人で予測することも大切ですが、仲間と連携してWardingで相手のJunglerの位置を把握する事も重要です。また、予測するのはいいですが常に相手のJunglerが近くにいるかもしれない、と考えて消極的なプレイばかりにならないように気をつけましょう。時には積極的に行く事も大切です