読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Junglerをやる上で大切な5つのこと

初心者 中級者 コラム Jungle

はじめに

f:id:howchalle:20161212202226p:plain

自分はJungleはメインロールではないのですが、現状のランクシステムではサブロールをどこか選ばなければらないので最近はJungleをサブロールとしています。今回の記事は自分が考える、ゲーム中でのJunglerをやる上で大切なことを5つ書いていきます。

Junglerをやる上で大切なこと

  • 相手のJunglerの位置を予測する

相手のJunglerの姿がMapに映れば良いのですが、そう都合よく映ってくれることは少ないです。なので相手のBuffの時間や相手の森の中立クリープの有無で相手のJunglerの位置を予測しましょう。予測することでCounterJungle、CounterGankの成功率が上がり、その予測を仲間に伝えることで相手のGankの成功率が下がります。

  • 自分の意思をしっかり持つ

全てのレーナーは自分のレーンにGankに来て欲しいです。来て!と呼ばれるレーンにGankに行くことも大切なことですが、全てのレーンにGankを行くことは実際難しいですし、自分のFarmする時間もなくなってしまいます。なので、呼ばれてるけど今はFarmする、呼ばれてるけど他の勝っているレーンにGankを行く、のように自分の意思をしっかりともつことが大切です。レーナーの言いなりになっていては上達が遅くなります。

  • 相手のJunglerの行動に反応する

個人的にはこれが1番大切だと考えています。簡単にいうと相手のJunglerがGankに行ったのならその間に自分は何かしろ!ということです。"自分はGank受けてるのにこっちのJunglerは何をしているの?"というのはレーンをやっている人はよく考えることです。相手がgankに行っている間に自分の森でFarmだけをしていてはどんどんと差が広がってしまいます。なので相手のJunglerがGankやDragonを行っている場合は自分に何ができるか(CounterGank、CounterJungle、Dragon)を考えましょう。

  • レーンの様子を頻繁にチェックする

レーンの様子を頻繁にチェックしましょう。主にみるところは

  1. モナースペルの有無
  2. Wardの位置
  3. MinionWaveの状況

です。VCを繋いでいるのならばすぐに状況がわかりますが繋いでいないならレーナーにチャットで確認しておきましょう。3つめのMinion状況はそのレーンを見ればわかります。これから押すレーンなのか、押されるレーンなのか、ダイブがいけるレーンなのかをチェックしましょう。これらをチェックしておくことで、Gankの成功率が上がります。

  • 時には負けているレーンは見捨てる

負けているレーンは良くJunglerを呼びますが、時には負けているレーンを見捨てて勝っているレーンを更に勝たせてSnowballすることの方が大切な場合もあります。上にも書いたように、全てのレーンにGankに行ける訳ではないので、負けているレーン以外で取り戻すことを考えましょう。但し、放置しすぎていると永遠にそのレーンは勝てないのでその見捨てた以外の場所でしっかりと有利を取らなければいけません。

まとめ

  • 相手のJunglerの位置を予測する
  • 自分の意思をしっかり持つ
  • 相手の行動に対して何かしらの反応を
  • レーンの様子をチェックする
  • 負けているレーンを見捨てることも大切

最後に

Junglerは個人的にとても面白いロールですが1番責められるロールでもあります。"なんで俺のレーンに来ないの!!!"と言われることは何度もあるでしょう。なので自分の意思をしっかりと持って、"こうしたかった"と言えるようにすること、"相手のJunglerがGankしている間に自分は~した"と言えるようにすることが大切です。