読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

プレイスタイル ~Mid編~

はじめに

f:id:howchalle:20161226212430p:plain

先日の記事でプレイスタイルを確立する、ということについて触れました。今回は少し掘り下げてMidのプレイスタイルを大きく3つに分けてお話します。自分のプレイスタイルがまだあまり定まっていない人は参考にしてください

Midのプレイスタイル

Midレーンには大きく分けて3つのスタイルがあります。

  • ガンガン攻めるスタイル

1つ目のスタイルは常に攻め立てるスタイルです。Fakerはこのスタイルをとっています。積極的にダメージトレードを繰り返しレーンでのアドバンテージを取ります。このスタイルは勝った時の恩恵が非常に大きいスタイルです。相手にプレッシャーをかけ続けることでソロキル、CSのロスト、タワーの取得などを得ることが出来ます。また、仲間のJunglerもMid周りが動きやすいというアドバンテージもあります。相手が自分より上手くない際はこのスタイルが最も勝率が良いです。しかし、このスタイルは相手JunglerにCampされる可能性が非常に高いです。(場合によっては相手SupportのRoamの対象にもなりやすいです)なのでこのスタイルの方はMid周りにWardを常に置くように心がけましょう。

SoloQではこのスタイルが1番勝ちやすいと自分は考えています。特にアサシンや機動力の高いチャンピオンを使う人はこのスタイルが向いているでしょう。もちろん普通のメイジでもガンガン攻めるスタイルは有効です。

  • レーンを安定させて寄り、Roamで差をつけるスタイル

1番良く見るスタイルです。レーン戦で積極的にソロキルは狙いませんが、チャンスがあればAllinをし、ソロキルできるチャンスがこなくても相手に負けない程度にダメージトレードを繰り返し、Roam、サイドレーンへの寄りで対面との差を作るスタイルです。このスタイルはレーン戦安定しますが、Junglerに頼る部分が少し大きいです。仲間のJunglerが相手junglerよりも不利を背負ってしまうとそのまま負けてしまうことがあります。

  •  レーンからあまり動かずにFarmで差をつけるスタイル

ビルド依存が高く、中盤以降にダメージを出すチャンピオンではこのスタイルを取る人が多いです。Midのタワーを最優先で守り抜きます。またCS差をつけることができれば、そのままビルド差にもつながり中盤以降出せるダメージに差をつけることができます。Midレーンではこのスタイルが安定、と思われがちですが、他のレーンが負けてしまった場合そのままずるずると負けてしまう場合が多いので、SoloQでは勝ちにくいスタイルと考えます。(Duoなら話は変わってきますが)

 

Midはだいたいこの3つのスタイルに分けることができます。ここからさらに、Roamを良くするスタイル、相手の森に入るスタイルなどが分けられます。

まとめ

  • Midのプレイスタイルは大きく分けて3つ
  • ガンガン攻めるスタイルはSoloQで1番勝率が高い(個人的に)
  • 但し張り付かれる可能性もあるので注意
  • 安定させて寄り、Roamで差をつけるスタイル
  • Farm差をつけるスタイル

最後に

自分のスタイルはガンガン~安定させるスタイルの間くらいです。自分のスタイルを確立することで、格段にレーナーとしてレベルアップすることが出来ます。人によって向き、不向きのスタイルがあるので、Farm差をつけるスタイルの人でも1度ガンガン攻めるスタイルを試してみるのも良いでしょう。