読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

先にBot Turretを折った後は?

はじめに

f:id:howchalle:20161229202207p:plain

 

今回の内容はBotのOuterTurretを折った後はどう動くか、という内容です。BotのOuterを折ったけどどうしたらいいかわからない~と言ってMidでうろうろして時間を無駄にしてしまうと相手に自由な時間を多く与えて、Turretを取った意味がなくなってしまいます。なのでOuterTurretを折った後に適切な動きをとることがチームに求められます。

 Bot Turretを折った後は?

  • そのままBotDuoをBotに置いてBot側で有利を維持

タワーを折ることが出来ているので、基本的にレーンは押す形になります。圧倒的にレーンに勝てている場合にオススメな方法です。Dragon、そしてBot側の視界を確保できます。この動きはBotが圧倒的に勝っている場合以外に行ってしまうと、相手のRoam,Gank,TPの餌食になりやすいです。ここで死んでしまうと勝っている分の有利が帳消しになってしまう可能性もあるので、押す場合はしっかりとJunglerとSupportがBotの森に侵入して視界をとるようにしましょう。

この選択肢は中盤以降でないとダメージが出ないADC、相手のMidがあまり機動力のないチャンピオン(f:id:howchalle:20161122180840p:plainなど)が相手の場合にかなり有効です。(f:id:howchalle:20161121201658p:plainなど。)また、Dragonを取りたい、相手のバフを管理したい、Dragonを取りたい!という場合にも有効です。これらをする場合はBotを1度押し切ってから行いましょう。

  • Midにいってタワーを折りに行く

多くの方が行う行動です。Midに行ってタワーを折りに行きます。相手のMidがミニオン処理能力の低いチャンピオンなら有効な方法です。しかしBotの二人がMidにいくことで経験値、CSが分散されてしまいます。その間に相手のBotはフリーでFarmが出来てしまいます。相手のAdcがf:id:howchalle:20161121201658p:plainでこれで復活してしまう、ということを経験した人も多いでしょう。Midを折りきれない!と思ったらすぐに仲間のMidにBotに行ってFarmしてもらうか、Midを折るのを諦めて他の選択肢を取るようにしましょう。

この選択肢は上にも書いたように相手のMidがミニオン処理能力の低いチャンピオンの場合や、仲間のMidがSplitpushを得意とする場合、またf:id:howchalle:20161114234220p:plainf:id:howchalle:20161114234916j:plainのような高いキャッチ性能をもっているチャンピオンの場合に有効です。

  • Topのタワーを折りに行く

Botレーンを折った後押し切ってTopになだれ込みます。Swapしても良いですし、3人、4人でタワーを折っても良いです。この場合もJunglerにはTop側の森の視界を確保してもらいましょう。これをしないとGankの的になります。(TopはBotの二人よりもレベルが高いため)これで上手くTopのTurretが取れた場合は、Botに二人を戻すなどの動きをとります。あくまでTurretを取りに行くのが目的です。

この選択肢は相手のTopがどのようなチャンピオンの場合でも有効ですが、これを行う場合は9割方TopのTurretを折れる、という場合にしましょう。Botの二人がTopに行っている間はBotは誰もいない、もしくは仲間のTopが1vs2を行う事になってしまいます。

上の3つが基本的な選択肢です。基本的にTurretを折った後はSupportはAdcと一緒にいることも大切ですがJunglerを助ける動きをすることも大切です。どこのTurretを狙いたいかを考えながらローテーションしましょう。

まとめ

  • 選択肢は大きく分けて3つ
  • Botで有利を維持したいならばBotをそのまま押し進める
  • 相手のミニオン処理能力が低い場合はMidへ
  • Midに集まると経験値/CSが分散されてしまうので早い決断を
  • Topに折る選択肢はどの状況でも良い、しかしTurretは取りたい

最後に

この動きが出来るかできないかが序盤のリードを上手く使えるか、使えないかの違いはゲームの勝ち負けに大きく影響してきます。ただ、とっさに次はここに行く!という判断は非常に難しいです。(特にSoloQでは)しかしこの動きを出来るようになるだけで有利を大きく広げることも出来るので。「これからどうしたいか、どこを狙うか」を考えて動きましょう。