読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

集団戦 切り上げ時を考える

はじめに

f:id:howchalle:20170126212139p:plain

今回は集団戦についての記事です。集団戦は必ずしも敵を全員倒しきれるというわけではありません。一人倒してこれ以上倒せないと思ったならばそこで切り上げてTurretやDragonを狙いに行くほうが良い場合もあげます。今回はその切り上げ時についての考察を書いていきます。

 切り上げ時を考える

一人倒したからといってそのまま集団戦で敵を倒すために無理に追いかけて返り討ちにあってしまう、というのは多くの方が経験したことがあるでしょう。一人倒して人数差が出来たからといって、そこで下手に森の中へ逃げていった敵を深追いしてしまったりするとそこから全滅してしまうこともありえます。なので相手のMidやAdcのチャンピオンが残っている場合は、下手に深追いせずにそこで集団戦を切り上げて、TurretやDragonなどのObjectを狙うという判断も大切です。1人倒してそこでむやみに追いかけずに、集団戦をやめても、1-0交換でその集団戦は勝ちといえます。その後にTurret等を取れれば更に差を広げることが出来ます。一番良くあるケースがJunglerを先に落とせたのでBaronを狙う、という行動ですね。

追いかけるか追いかけないか を見極める

追いかけるか追いかけないかの見極めは、相手のHealthの量、お互いのUltの有無、相手がKite(引きながらの戦い)に強いかどうか、こちらが追いかけるスキルがあるのか、で行います。

まずは相手のHealthです。相手のHealthがかなり削れているならそのまま追いかけても大丈夫な場合が多いです。逆にHealthがかなり残っているのに追いかけても返り討ちにあう可能性も高いです。相手のHelathとこちらのHealthをみて追いかけるか追いかけないかを判断しましょう。

次にUltの有無です。Engageの手段であるf:id:howchalle:20161121195850p:plainや、一瞬でバーストを出せるf:id:howchalle:20170117031944p:plainなどのUltを相手を1人倒すのに使ってしまっていた場合は下手に相手を追いかけないほうが良いでしょう。またこちらにUltが残っていても相手が同様にUltが残っていた場合は注意が必要です(特にAoEUlt)。追いかける際は固まって追いかけてしまう人が多いので、AoEUltで返り討ちにならないように気をつける、もしくは追いかけずにそこで切り上げましょう。

最後の要素が此方は追いかけるのに強いのか、相手はKiteが強いのか、ということです。こちらに追いかけるスキル(Blink、AoECC、全体のMS増加)が少ない場合は追いかけても無駄骨になる場合が多いです。逆に追いかけるスキルがあっても、相手がKiteに強いチーム構成だった場合でも返り討ちにあう場合があります(f:id:howchalle:20161121201658p:plainf:id:howchalle:20170117030152p:plainなど)。追いかけることが可能かどうか、チーム構成を見て判断することも大切です。

まとめ

  • 切り上げ時を考える
  • 下手に追いかけてしまうと全滅もありえる
  • Healthを考える
  • Ultの有無を考える
  • チーム構成を考える
  • 相手のHealthが少ないならObjectを狙う

最後に

集団戦は相手を倒すことができれば良いですが、倒しきれない場合も数多く存在します。そんな場合に下手に深追いせずに、相手のHealthを削ることが出来た、と考えTurretを狙うことが出来るようになればSoloQの勝率が必ず上がるはずです。