読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレポートで差をつけるために大切な7つのこと

初心者 中級者 サモナースペル 考察

はじめに

f:id:howchalle:20161114234202p:plain

前回、テレポートをTopで持つ理由、という内容について触れました。今回はその発展で、実際にf:id:howchalle:20161114234202p:plainを使う場面を想定した内容です。f:id:howchalle:20161114234202p:plainを効果的に使えない!といった人のために個人的に大切だと思う7つのことを書いていきます。

テレポートで差をつけるために大切な7つのこと

  • 序盤はレーン復帰に使ってしまってかまわない

序盤、特にゲーム開始から5分以内ならばレーン復帰に迷わず使ってしまってかまわないでしょう。Ultがない状態や装備が整っていない状態で他のレーンに飛んでも活躍できない場合が多いです。f:id:howchalle:20161114234202p:plainを残しておいたからといって必ず飛ぶチャンスが来るとは限りません。f:id:howchalle:20161114234202p:plainを使わないとミニオンを1wave落としてしまう!などという状況なら迷わずにレーン復帰に使ってしまいましょう。

  • 仲間のHealrhが大きく減ったならその位置を確認する

自分が飛ぶか飛ばないかを決める1つの指標がこれです。仲間のHealthが一気に半分減った場合は相手がAllinしてきた場合が多いです。(特にBot)その戦闘状態になっている場所を一瞬でも良いのでカメラで確認しましょう。ここでキルを取り、仲間を助けられそうならばf:id:howchalle:20161114234202p:plainを使いましょう。

  • チームにWardを要求する

基本的にf:id:howchalle:20161114234202p:plainはWardに飛ぶことになりますが良い位置にWardが置いてある、ということは少ないです。なのでチームに"ここにWardを置いてほしい"などと1言伝えましょう。

  • 育っているなら挟み込むように

f:id:howchalle:20161114234202p:plainを使う際、自分が育っているならば相手の裏、もしくは脇に飛んではさみこむような形になるのがベストです。相手をかく乱することが出来る、自分の姿が見られていないならば奇襲をかけることが出来るのでオススメです。

  • Dragon、Baron周りに仲間がいるときは出来るだけ目を離さない

DragonやBaron周りではいつ集団戦が起こるかわかりません。一瞬のf:id:howchalle:20161114234202p:plainの判断で大きく結果が変わることも珍しくはないので、相手にf:id:howchalle:20161114234202p:plainをさせない、という目的以外の場合は基本的に仲間から目を離さないようにしましょう。

  • 相手のテレポートに反応する

お互いにf:id:howchalle:20161114234202p:plainを持っている状態で相手が先に他レーンに飛んだ!という場合は相手の飛んだ先をミニマップ上で確認しましょう。仲間が挟み込まれいる場合は自分も使う、可能ならば相手のf:id:howchalle:20161114234202p:plainをCCで解除させるなど、相手のf:id:howchalle:20161114234202p:plainに対する反応をしましょう。これが出来るか出来ないかが1番大切だと自分は考えています

  • あえて飛ばない、という選択も大切

相手が飛んだからとりあえず飛ぶ!というのもあまりよくはありません。飛んで何も出来ない、という状況も珍しくないので、飛んでなにもできない!と思うならキャンセルしてレーンでのCS、経験値を獲得する方が良い場合もあります。

まとめ

  • 序盤はレーン復帰に使ってしまってかまわない
  • 仲間のHelathが大きく減ったならその場所を確認する
  • チームにWardを置いてと伝えておく
  • 育っているなら挟み込むように使う
  • Dragon、Baron周りに仲間がいるときは出来るだけ目を離さない
  • 相手のテレポートに反応する
  • あえて飛ばない、という決断も大切

最後に

 f:id:howchalle:20161114234202p:plainを上手く使うことは簡単ではありません。レートの高いプレイヤーでもそこ飛ぶの?!などという場面で使ってしまう場合も多く存在します。しかしf:id:howchalle:20161114234202p:plainは適切なタイミングで使うことが出来れば、戦局を変える事も出来る優秀なサモナースペルなので、積極的に自分から使用していきましょう。