読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レーンの押し引きのメリット、デメリット

レーン戦 中級者 上級者 考察

はじめに

f:id:howchalle:20170206213505p:plain

今回はレーン戦でのミニオンの押し引きの内容です。今回は押す場合、引く場合のそれぞれのメリット、デメリットについての自分の考えを書いていきます。また次回以降、なぜ押すのか?どのような場合に押したほうが良いのか?などと詳しく掘り下げていきます。

押す場合のメリット、デメリット

  • メリット 

まずレーンを押すことで、相手にプレッシャーを与えることができます。(ミニオンの数がこちらの方が多いため)また、タワー下まで押し込むことに成功すると、相手のCSのロストを誘発することができます。またタワー下で相手がスキルをCSをとるために使用した場合は、そこでスキルCDの有利が生まれるので、ダメージトレードの有利を得ることができます。そしてなにより重要なのが、押し込んだ後はその後数秒間だけ、こちらが自由に動ける点です。Roamをするもよし、Recallをするもよし、タワー/相手に攻撃するもよし、と様々な選択肢をとることができます。これがレーン押した側の特権です。また、相手のヘルスを削りつつ押すことができた場合、タワーダイブで一気に相手のCS、経験値をロストさせることができます。

  • デメリット

まず1つが多くの方が経験しているでしょう。Gankから逃げるのに時間が掛かる点です。押している側は逃げるまでの距離が長くなるのでGankを受けた際に逃げるまでに時間がかかります。もう1点がGank1つ目に似ていますが、押し方が悪い(相手のHealthが満タンなのに押す、中途半端に押してしまう等)の場合、Gankのプレッシャーで下がらなければならなくなったり、相手にみずみずとCSを与えてしまうことになります。特に相手にレーンをフリーズされた場合は不利なマッチアップの場合は余計厳しいレーンを送らなければならなくなります。

引く場合のメリット、デメリット

  • メリット

まずレーンを引くことで、押す場合とは逆に、相手にGankのプレッシャーを多少は与えることができます。有利マッチアップな場合は、レーンを少し引いた状態でフリーズすることで有利な状況を作り出すことができます。また、不利なマッチアップでも少し引いた状態だとあまりGankのプレッシャーを感じずにすむ(タワーダイブ以外)ので安全にレーンを送ることができます。

  • デメリット

TopやBotの場合は (Midも例外ではないですが)タワーダイブの対象になりやすいです。タワーダイブを決められてしまった場合は、大量のCSと経験値を失うことになるので一気に差が開いてしまいます。レーンを引くのはいいですが、タワーダイブをされないかどうかをしっかりと考えてから引きましょう。また押し込まれると相手に主導権を渡すことになるので、RoamやWardingなどを行われてしまいます。Roamなどに対してはしっかりとPingで対応しましょう。

結局どちらが良い?

プレイスタイルにもよりますが、個人的には押したほうが良いです。レーンを押すことえレーンの主導権を取りやすいですし、なによりJunglerが動きやすくなります。しかし何も考えずに押してしまうとGankを受けやすくなったり、相手にCSを渡してしまうことになるので、別の機会でまたレーンの押し引きについては書きますが、"なぜ押すのか”を考えて押すようにしましょう

まとめ

  • レーンの押し引きにはそれぞれメリット、デメリットがある
  • レーンを押している時は主導権を握りやすい
  • レーンを中途半端に押すとピンチに
  • レーンを引いている時は相手に先に動かれやすい
  • レーンを引く場合はタワーダイブに注意

最後に

上にも少し書きましたが、どちらが良いのかはプレイスタイル、状況次第によるところが多いです。しかし押したほうが有利だと自分は考えているので、どちらが良いのだろう…と思った人は迷わずに押すスタイルをとったほうが良いでしょう。次回以降はレーンをどう押すのが良いのか、どう引くのが良いのか、について触れていきます。