はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

レーン戦、ミニオンを引く際に考えること

はじめに

f:id:howchalle:20170206213505p:plain

先日レーンの押し引きのメリット、デメリットという内容を紹介しました。今日はレーン戦中にミニオンを引く際に考えること、気をつけることを書いていきます

レーン戦ミニオンを引く際に考えること

レーン戦ミニオンを引くこと自体は簡単ですが、理想的な引いている状態を作ることは難しいです。理想の引いたレーン、というのはメイジミニオンがTurretに入らない状態です。メイジミニオンはTurretの攻撃+AA2回とCSを取るのに少し手間がかかってしまいます。メイジミニオンがTurretの攻撃範囲に入らず、真ん中よりこちら側に来ているのが引いた状態の理想です。

しかしレーン戦を引く、といっても相手のミニオンの数が多すぎると、ミニオン差でダメージトレードに負けてしまったり、そのまま押し込まれてダイブの危険性もあります。なのでレーンを引く際はミニオンを貯めすぎないために予めスキルを打ってミニオンの数を減らしておくことも大切です。

f:id:howchalle:20170209230248p:plain

↑この位の数の差が理想的です。この後こちら側に押させることができます。

そして、レーン戦でミニオンを意図的に引く際に一番重要なのがフリーズすることです。これをしなければレーン戦が厳しいとき以外は、あまり引く意味がありません。真ん中よりもこちら側でミニオンの列をせき止めることで、相手にGankのプレッシャーを与え、前に出づらくさせることができます。これがミニオンを引く際で1番大切なことです。このフリーズを行わないと、相手にレーン戦の主導権を与えることになってしまいます(Roamに行かれたり、小規模戦に先に寄られる可能性が高い)

レーン戦が厳しい際は無理にダメージトレードをせずに相手にPushさせ、ミニオンを引くことで耐え忍ぶことが出来ます。しかし上でも触れたように、ミニオンを貯めすぎてタワー下に押し込まれてしまうとタワーダイブの危険性が生まれたり、こちらがミニオンを処理している間に相手にRoamに行かれたりします。なのでレーン戦厳しいので"引きたいと考えるときは相手がRecallしている際に、無理なら浅めでも良いのでしっかりとWardを置いて相手の動きを出来るだけ掴むようにつとめましょう。レーン戦ミニオンを引く場合は、特にこの相手の動きを掴む、という考えが1番大切です。

まとめ

  • 理想はTurretの攻撃範囲にメイジミニオンが入らない状態
  • 引く際にミニオンを貯められすぎるとダイブの恐れが
  • フリーズすることが大切
  • 引く際は出来るだけWardを置く
  • 引く際対面の動きを掴むことが1番大切

最後に

ミニオンを押す際と同じで、何のためにレーン戦、ミニオンを引くのか、ということを考えましょう。ミニオンを引くのは押すのと違い、先に川などでの戦闘が起きた際によるのが難しいです。なので出来るだけレーンは押すほうが良いですが、レーン戦を安全に行きたい場合や少しレーン戦厳しい、といった場合はWardを指しておき、レーンを引くのが良いです。