読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

主導権を握るためには?

はじめに

f:id:howchalle:20170204203426p:plain

 前回の記事では主導権をとることについて触れました。今回はどのようにしてレーン戦で主導権を握れるのか、握るためにはどうすればよいのか、書いていきます。

主導権を握るためには?

  • 有利マッチアップを作る

まず主導権を握るためには有利マッチアップ、特にMidとTopのようなソロレーンでは相手のチャンピオンのカウンターをピックすれば主導権を握りやすいです。有利マッチアップにすることができると後に触れますがダメージ交換で勝ちやすいです。逆に不利なマッチアップだとあい

  • ダメージ交換で勝つ

ダメージ交換で勝つことが出来ると相手は後ろに引かざるを終えません。相手を引かせることが出来ると自分がレーンのミニオンにAAを相手より多くいれることが出来、レーンを押すことが出来ます。レーンを相手のタワー下まで押し込むことが出来れば相手は小規模戦が起きた際の寄りが遅くなったり、Wardingに行きにくくなります。

  • 仲間の助けをもらう

レーン戦中は常に主導権を握り続けているわけではありません。上で述べたダメージ交換に失敗したりしてしまうと相手に主導権を渡してしまうことになります。1度主導権を握らせてしまうと自分ひとりの力では取り返しにくいです。ここで無理をしてダメージ交換などを行いに行ってしまうと更に差をつけられてしまう場合があります。そのような場合に仲間の助けを求めるのも1つの選択肢です。特にGankに来てもらえれば相手を倒しきれなくても主導権を取り返すことは十分に可能です。

まとめ

  • 有利マッチアップを作る
  • ダメージ交換で勝つ
  • レーンを押す
  • 仲間の助けをもらう

最後に

主導権は、基本的に相手より自分の方が上手ければ握ることが出来ます。しかし毎回毎回相手が自分よりも上手くない!なんてことはありえません。なのでDraftのときに後出しの際はカウンターのチャンピオンをピックする、主導権を握られている際は仲間の助けを待つ、ということも大切です。