読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

ミニマップを見ろ!

はじめに

f:id:howchalle:20170301221546p:plain

今回はミニマップを見ることの大切さについて触れていきます。LoLでミニマップを見ることはとても大切なことです。プレイヤーの上手さに比例してミニマップを見る頻度も増えています。

ミニマップを見ることの大切さ

ミニマップからは多くの情報を得ることができます。まずは相手がどこにいるのか、という位置情報です。レーン戦では相手のJunglerがどこにいるのか、相手がRoamをしているのか、していないのかを知ることができます。中盤以降でも、特に相手が何人どこにいるのか、どこに向かっているのか、を知ることができ、どうローテーションをすればよいのか、の指標になります。特にJunglerとSupportはミニマップを出来るだけ多く見ることが求められます。

そして、Wardを指しているのにGankを受けてしまった、という人の特徴に、Wardを指す位置がよくない、ということもありますが、Wardを指しているのにミニマップをあまり見ていない、ということもあります。そのため相手と戦闘状態になってもミニマップをできるだけ見るようにしましょう。有名なMidLanerのFakerは3秒に1回ミニマップを見ている、と言われています。しかしミニマップばかりに目を取られてしまってはダメージトレードに負けてしまったり、最初は10秒に1回、9秒に1回と少しずつ意識してミニマップを見る頻度を上げていけばだんだんとミニマップを見れるようになってくるでしょう。

また、ミニマップを見るだけでは把握できない情報もいくつか存在します。そのうちの1つがミニオンの状況(押すレーンになるか、押されるレーンになるか)です。このような状況を把握するためにはミニマップだけでなくカメラをそのレーンに映してみる必要があります。(これはレーン戦を行っている最中に行うのはあまり簡単ではないので慣れてないうちはJunglerやRoamに行く際に見るだけでよいです)

まとめ

  • ミニマップを見ろ!
  • 上手い人ほどミニマップをみる
  • ミニマップからは多くの情報が得られる
  • Wardを指してもミニマップを見てなければ意味はない
  • 意識して見るように練習をする。
  • ミニマップだけでなく余裕があればカメラで見る

最後に

LoLはハンドスキルも重要ですが情報を得て、活かすことも同じくらい重要です。特にミニマップはLoLのゲーム中での1番の情報源なのでできる限り見るようにしましょう。