読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キルに関与できない人にありがちなこと

ゲーム理解 中級者 初心者 SoloQ

はじめに

 

今回は"キルに関与できない人にありがちなこと"といった内容です。どんな試合でもキル関与率が高ければ高いほど集団戦で貢献したと言えますし、ゴールドもたまっていきます。しかしキル関与が低ければ自分の関係のない所で試合が終わってしまった、と嘆くことになります。今回はそんな人のためになぜ関与率が低いのか、といった点を確認していきます。

キルに関与できない人にありがちなこと

  • レーンを押されてしまっている

Top、Mid、Botの3レーンすべてで言えることですがレーンを押されてしまっていると小規模戦に参加するための寄りがどうしても相手より遅くなってしまいます。チャンピオンの相性もありますができるだけミニオンをタワーの下に押し込まれないように心がけましょう

  • ミニマップを見ていない

デスが多くなってしまう人と同じことですが、ミニマップを見ていないと仲間がどこで戦っているのかがわかりません。また、見る頻度が少ない人も仲間が戦っているのに気づくのが遅れてしまいます。

  • テレポートを有効に使えていない

Top、Midでf:id:howchalle:20161114234202p:plainを持っている場合に自分のレーンばかり、ミニオンのCS、経験値を落とさないためだけにf:id:howchalle:20161114234202p:plainを使ってしまうとほかの場所で戦いが起きた際にすぐに駆け付けることができません。

  • 相手、仲間が何をしたいのかを予測できていない

相手が何をしたいのか、仲間が何をしたいのかをあまり予測していない、考えていない人は次に相手がどこに現れそうなのかということがわかりません。これを考えることで相手が行く先で待ち伏せをしたり、相手がDragonを狙っているのならf:id:howchalle:20161114234202p:plainの準備をすることで集団戦に参加でき、キルに関与しやすくなります。

まとめ

  • レーンを押されてしまっている
  • ミニマップを見ていない
  • テレポートを有効に使えていない
  • 相手、仲間が何をしたいのかを予測できていない

最後に

キルに関与する、というのはとても大切なことです。特にJungler、Supportは小規模戦が発生する場所にはできるだけ顔を出しておきたい存在です。なので相手が何をしたいのか、ということを予測してどこで戦いが起きそうなのかをできるだけ考えるようにしましょう。