読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レーン戦のWardの場所 Mid編

ゲーム理解 初心者 中級者 レーン戦

はじめに

f:id:howchalle:20170313010314p:plain

 今回の内容はMidでのレーン戦、どこにWardを置くか、という内容です。Midレーンでのレーン戦でのWardはどこに置くかでGankを察知することができるか、また対面のRoamに気づくことができるかが変わるので状況によって変えることが大切です。

レーン戦のWardの場所 Mid編

青側視点で書いていきます。まずMidの横に置くWardです

f:id:howchalle:20170309184241p:plain

が、序盤はあまりよくありません理由が相手がこのギリギリ見えない位置を通ることができるからです。(下の画像参照)

f:id:howchalle:20170309184537p:plain

同じ理由で逆側もあまりよくありません。

f:id:howchalle:20170309184836p:plain

これらのWardは中盤以降川の草むらにf:id:howchalle:20170303234021p:plainがおかれていた際に壊されない、という利点がありますが序盤、Recallをしていない状況だとf:id:howchalle:20170303234021p:plainがおかれていることはまずないのでレーンが押されている、押されそうな状況以外はあまり置く価値はありません。1度Recallをした後などはここに置くのは十分に有りですが、最序盤は下の画像のように草むらに置かずに少し草むらからはみ出した形で置くのが良いです。

f:id:howchalle:20170309185218p:plain

この位置に置くことで先ほどの草むらに置いたWardとは違い、Dragon裏やBotの草むらから回り込む、BlinkでMid横の草むらに入る方法以外では相手のルートを察知することができます。逆側でも同じように草むらに置かずに少し出しておいてもよいですが

f:id:howchalle:20170309190141p:plain

この位置に置く手もあります。この位置に置くと相手が森から出てくるのを察知することができます。レーンを押せている場合はここに置くのが非常に強力です。少し余裕がある場合は相手の鳥の近く(下の画像参照)に置くと相手が鳥を狩りに来るのを把握できるのでより相手のJunglerの位置を掴みやすくなります。

f:id:howchalle:20170309190613p:plain

しかし気を付けなければいけないのが赤の左にあるブラストコーンやBlinkを使ってBaronpitに入った場合は察知することができないのでf:id:howchalle:20170303234021p:plainを川のBushに置くなどをして川の視界を取る必要があります。

また、相手がf:id:howchalle:20161123222824p:plainf:id:howchalle:20170102200944p:plainなどのRoamを主な戦術とするチャンピオンや、アサシンでレーンを押してからRoamに向かう回数が多い相手の時は、

f:id:howchalle:20170309191026p:plain

このようにレーンの真ん中にWardを置いて相手がBot、Top、どちらに向かったのかを把握することができます。しかしこれをしてしまうとGank用のWardがなくなってしまうのでGankには後ろ気味の立ち位置を取るなどの対抗策を行う必要があります。

まとめ

  • Midのレーン戦のWardまとめ
  • 最序盤は草むらでなくすこし出した位置に
  • 相手の森の位置を掴むことができるWardは強い
  • 相手がRoamを主体とするときは真ん中にWardを

最後に

Wardは1つ1つCDが長いので大切に使うべきです。特に意味のないWard(何も考えずに置く)のはもったいないのでどこに置いたらよいのか、対面のチャンピオンやレーン戦に勝っているか、負けているかで変える必要があります。