読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

LJLデビューしました

はじめに

既に知っている方も多いと思いますが先日のUSG vs SZの試合でLJLデビューしました。自分は1月からプロゲーミングチーム、UnsoldStuffGaming(以下USG)のリザーブのMidとして活動していました。今回は今までしていなかった自己紹介と自分の経歴などを書いていきます。

自己紹介、経歴

自分がLoLを始めたのがSeason3の始まり当たり、Rankを始めたのがSeason3の終わりごろです。それまではFPSなどいろいろなオンラインゲームをプレイしていました。

LoLはNAサーバーでプレイして、Season3はRankedはgold5で終わりSeason4はDiamond5、Season5はDiamond4とごく平均的なプレイヤーでした。

海外の競技シーンはSeason4辺りから観戦し始めました。この時は競技シーンに出たいなどとは全く考えておらずただLoLが面白いからという理由でSoloQを回していました。

最初に大会に出たのはSeason5の始まりごろです。その時自分はチームなどに所属していませんでしたが初めて出た大会はチームなどに入っていない人同士、5人集まって出場できる斡旋枠というものがあったのでそこに応募して参加しました。(確かJCGだったと思います)

その後はSaikyoMakinyan(解散済み)というチームのMidとしてJCG、LJLCT2015、LJLCS2016 spring等様々な大会に参加しました。その後はSaikyoMakinyanを脱退しDetnationRising(以下DNR)に加入し、LJLCS2016Summerに参加しました。どの大会も全力を尽くしましたが優勝、準優勝には手が届きませんでした。しかしチームで何かを目標に全力を尽くす、というのはとても良い経験になりました。その後2016年12月にDNRを脱退しUSGにMidのリザーブとして加入しました。スターターのRemindはハンドスキルも高くコーラーとしても自分よりも遥かに優秀だったため自分の出番は殆どありませんでしたがシーズン最後の試合でデビューしました。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

オンラインでの試合は何度も経験してきたため正直あまり緊張しないだろうと思っていましたがオンラインではオフラインとは違う空気が流れており、特に"Feedしたらどうしよう"という気持ちが特に強かったです(2試合目は無事feedしました)。しかしオフラインでLJLに出場した、という経験はとても良いものになりました。

最後に

LoLではLJL以外にも気軽に参加できる大会がいくつかあります。SoloQを回すのがつまらない、といった方は1度知り合いと大会に出てみることでモチベーションが上がるかもしれないので何らかの大会に出場してみることをオススメします。

また今シーズンはUSGはセミファイナルで惜しくも敗れてしまいMSI出場にはなりませんでしたが来季は自分の能力の向上とともにWorld出場を目指して努力するので応援をよろしくお願いします。