読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

Lv2先行した後は?

はじめに

f:id:howchalle:20170408182413p:plain

 レーン戦でLvを先行すること、特に2Lv先行はとても重要です。しかしここでこの先行した有利を上手く使えなければあまり意味はありません。この少しの有利をどのように活かすかがレーン戦自分か勝てるか、また周りを助けられるかの鍵になってきます。

Lv2先行した後は?

 Lv2先行したあとはまずはゾーニングを狙いましょう。Lv2とLv1では基本的にスキルの多い、ステータス値の高い側が勝つので(ミニオンの攻撃を受け続けなければ)できるだけ前にでて相手にCSを取らせないように動きましょう。ここで少しでもCSを落とさせれば相手の序盤の買い物を遅らせることができます。また、Lv2を先行してゾーニングが少しでも成功すると相手のミニオンよりもこちらのミニオンの方が多い状態になりやすいです。なのでこのタイミングでミニオンを少しずつ押しましょう。ここで押すと幾つかのメリットがあります。

まず1つです。最序盤は相手Junglerの位置を最も掴みやすい時間です。相手がBot側から始めたのなら3LvでTop側から、Top側から始めたのならBot側からGankに来る可能性が非常に高いです。Lv2先行することができ、相手をゾーニングすることができれば基本的にミニオンを押し込んだ状態にできる/先にWardingのために動けるので相手Junglerが現在居ると思われる側にWardを刺しましょう。またこのWardはGank対策でなく序盤のカウンタージャングルの察知にもなります。なので仲間のJunglerを助けるWardにもなります。

2つ目に、序盤に起こる可能性の高い、リフトスカトル付近でのJungler同士の戦闘に相手よりも早く駆けつけることができる点です。(この時の自分のLvは2~3)うまくいけばキルを拾うことができますし、キルを拾えずともリフトスカトルを獲得し、視界面で優位にたつことができます。また押していることを仲間のJunglerが理解してくれればその有利を活かしスカトルを積極的に取りに行くことができます。このようにLv2を先行したあとに適切に動くことができれば自分だけが有利にたつだけでなく、仲間のJunglerもかなり動きやすくなります。

まとめ

  • Lv2先行をした後が重要
  • ゾーニングを狙う
  • そのあとできればWaveを押す
  • 川の視界が取りやすい
  • 味方Junglerを助けることができる。

最後に

Lv2を先行した後に視界を取りに行くこと、MAPを見ることは非常に重要です。このような細かなところから有利が生まれていくのでLv先行での有利をしっかりと活かしましょう。