読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

Manaの管理はこまめに

はじめに

f:id:howchalle:20161127223936p:plain

Manaは相手にハラスする際やミニオンを処理するのに使用する場合が非常に多いです。特に序盤はAA、スキル共に威力が低いのでスキルを頻繁に使用しないとミニオンウェーブで有利を作ったりHealthで有利を作りにくいです。そうなると序盤の少ないManaはすぐに切れてしまうのでManaの管理をある程度行う必要があります。

Manaの管理はこまめに

Top、Mid、Bot、Jungle、全てにおいてManaは重要です。はじめに触れたように序盤は特にManaが切れやすく、特にスキルを頻繁に使用するMidはManaが尽きてしまうと相手にレーンを押される形を作られてしまったり、小規模戦が発生したときに何も出来ない、といったことが起こりかねません。なのでチャンピオンにもよりますがレーン戦を行う場合、常にManaは2割以上は残しておきたいです。(しかしRecallをもうすぐ行う予定ならこの限りではありません。)Midならf:id:howchalle:20161114225712p:plain(ロストチャプター)やf:id:howchalle:20161127223936p:plain(ドランズリング)f:id:howchalle:20170203202031p:plain(女神の涙)など様々なManaを回復するアイテムが存在するので、Manaを使用してもある程度は回復します。なのでどの程度使用しても回復することが出来るのか、ということを考えてレーン戦を行うことで相手にハラスを行うかPushをするか、といった判断を適切に行うことが出来ます。

また、多くの人が犯すミスが、Manaが尽きそうになるにもかかわらず、Pushではなく相手にハラスをしてしまいManaが尽きてRecallタイミングを見失ってしまうミスです。もちろん相手のHealthを削ればGankに来てもらった際の成功率は上昇しますが、ManaがなければGank合わせも出来ませんし、Gankに来てもらえなかった際にミニオンを押し付けられたりフリーズされたりし、Recallタイミングを見失ったりCSを失ってしまいます。なのでManaは少なくなってきたのならRecallするためにPushをする、ということも考える必要があります。

そして何よりも重要なのが相手のManaはどの程度残っているか、です。相手のManaが少なくなってきたのなら上でも述べたようにゾーニングしたり、タワー下に押し込むことでこちらが自由になれる時間を作ることが出来ます。またMana無しチャンピオンを使用している時でも相手のManaに気を配り、どのくらいPushをすることが出来るのか、ということを常に考えて行動しましょう。

まとめ

  • Manaの管理はこまめに
  • どのレーンでもManaは大切
  • Manaが尽きそうになるならハラスではなくPush
  • 相手のManaも確認する

最後に

レーン戦で勝つためにManaの管理は欠かせません。相手がMana持ちチャンピオンならば相手のManaはどの程度残っているのか、Manaを持たないチャンピオンならManaが切れる前にRecallするにはどうすれば良いか、ということを考えてレーン戦を行いましょう。