はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

いろいろなチャンピオンを触ってみることは大切?

はじめに

f:id:howchalle:20170204203426p:plain

LoLには多くのチャンピオンがいます。全てのチャンピオンを使える、といった人はごく少数で、ある数体のチャンピオンが得意、もしくは1体だけ使える!といった人もいるでしょう。それでも十分にレートを上げることは可能ですが、今回はいろいろなチャンピオンに触ってみることの大切さについて書いていきます。

いろいろなチャンピオンを触ってみることは大切?

初めに少し触れたようにレートを上げるには1体のチャンピオンを使いこなすだけでも十分です。1体のチャンピオンのみでチャレンジャーに到達したプレイヤーはJpServerでもそれ以外の海外Serverでも一定数存在します。

しかし1体のチャンピオンのみをRankで使っているだけではわからない部分も出てきます。例えば自分のレーンでは、苦手意識のあるチャンピオン、他レーンでは今OPと言われているチャンピオン達のことです。

自分の苦手意識のあるチャンピオン、例えばf:id:howchalle:20170406190033p:plain(アーリ)に対して苦手意識を持っているとします。f:id:howchalle:20170406190033p:plainを何度も相手にして克服することもできますが、自分で使ってみてCDはどれくらいなのか。オールインのダメージはどれくらいあるのか、弱点は何なのか、ということを知ることができます。他のレーンのOPチャンピオンも同じように、ある程度知っておくことで、1on1挑んでよいのか、どれくらいダメージが出るのか、ダメージを与えられるのかということを知ることができます。

Rankでいろいろなチャンピオンを触る、初めてのチャンピオンを使うと仲間に迷惑をかけてしまう場合があります。なのでNormalで普段使わないようなチャンピオンを触ってみたり、時間がない人はプラクティスツールでスキル性能だけでも確認しておいたり、ARAMでスキル回転だけでも把握しておくことで、Rankでレートを上げるうえで必ず役に立ちます。なのでNormalでいつもRankで使っているチャンピオンを使うのもよいですが、苦手意識のあるチャンピオンや今強いといわれているチャンピオンを触ってみることも大切です。

まとめ

  • いろいろなチャンピオンを触ってみることは大切
  • 得意チャンピオン1体でも構わない
  • 1度触ってみることで性能がわかる
  • 苦手チャンピオンは必ず触る
  • NormalやARAMでも練習に

最後に

 いろいろなチャンピオンを触ることで見えてこなかったものが見えてくるようになります。特に使えるチャンピオンが少ない人は触ってみて"このチャンピオンは自分に合いそう"となって今後の持ちチャンピオンになるかもしれません。なのでRankで勝てない時はNormalやARAMで今まで触ったことのないチャンピオンや苦手意識のあるチャンピオンを触ってみることが大切です。