はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

先にBotTurretを折った後は?【7.10】

はじめに

f:id:howchalle:20170204203426p:plain

以前、先にBotTurretを折った後は?といった内容について触れました。この内容はある程度正しいのですが投稿から5ヵ月経ち、ADCのメタもある程度変わってきたので今回はこの内容の最新版です。

先にBotTurretを折った後は?

先に1本目を折った後に2本目を折りに行くのを見かけますが、少しリスクが高いです。2本目、つまりInnerTurretに近づけば近づくほど、相手のJungleやMidに寄られて人数差を付けられてしまったり、後ろにf:id:howchalle:20161114234202p:plain(テレポート)されて挟まれてしまう危険性が高まります。もちろん相手のJunglerやMidがTop側に見えているのならInnerTurretを狙っても良いですがそのようなことはあまりありません。なので他のObjectを取ることを優先した方が良い場合の方は多いです。

1つがDragonです。火ドラや土ドラ、水ドラはかなり優秀なバフがかかるのでスノーボールを加速させてくれます。残りの風のDragonも無駄にはなりませんが恩恵を感じにくいため時間をかけてまで取る必要はあまりないでしょう。

もう1つが他のレーンの1つ目のTurretです。ここで相手のミニオン処理能力が高いのにMidに集まってしまうと時間を無駄にしてしまったり、経験値を分散してせっかくの有利を手放してしまうことになります。なのでTopのTurretを狙いに行くようにしましょう。この場合Topレーナーと一緒に折る、TopレーナーをBotに行かせる、といった2つの選択肢がありますがどちらを選べば良いかは状況次第です。Swapをした場合、Botに向かったTopレーナーが相手のJungler込みの3人からタワーダイブを受けてデスをしてしまう可能性もあります。しかし1人、もしくはJunglerと込みで二人で守りきることができれば、その時点でTurretの差を2つに広げることができ、試合を一気に有利に進めることができます。Swapをせずに3人でTopを折りに行く場合、時間をかけすぎてしまうとBotのTurretをフリーで渡してしまうことになります。しかし相手のTopレーナーがTurret下に残っている場合、タワーダイブを仕掛けることができ、キルとTurretを獲得することができます。どちらも長所と短所を備えているので、相手と自分たちのチャンピオンをみてどうするかを判断しましょう。SwapでTopTurretを折った後はSwapを解除して元の状態に戻す、MidTurretを狙うなどの様々な選択肢があります。また、今のRiftHeraldはなかなか強力で、Topを折った後獲得することが出来れば、そのままMidのOuterやTop、BotのInnerTurretを狙いに行くことができます。なのでTopを獲得したあと余裕があればHeraldを狙いに行くのが良いでしょう。

また、BotのOuterTurretを折ったあと、焦ってSwapする必要はありません。f:id:howchalle:20170314223532p:plain(コグ=マウ)などのアイテム依存が少し高いチャンピオンを使っている場合SwapしてもTurretを折りきれない場合があります。そのような場合はBotで1つコアアイテムが揃うまでFarmをしてからSwapを仕掛けるなどするのも、1つの作戦です。

なのでいつBotのOuterTurretを折ったあとどうするか、SwapするならいつSwapするかなどを考えて行動することが、スノーボールするのに非常に重要です。

まとめ

  • 先にBotTurretを折った後は?
  • 2本目を取りに行くのはリスキー
  • 基本的にDragonかSwapを考える
  • PowerSpikeが遅いチャンピオンなどの場合はそのままでもよい

最後に

 1本目のTurretを折った後の動きは特に重要です。ここでうまく動けないと1stTurretGoldを得てもその有利を無駄にしてしまいます。なので何も考えずにFramするのではなく、どう動けば有利を活かせるのか、といったことを考えるようにしましょう。