はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

慌ててスキルを使うな!

はじめに

f:id:howchalle:20161202221802p:plain

Gankに相手に来られてしまったり、Wardingなどを行っている際に相手に遭遇してHealthを削られてしまうことは珍しくありません。そのような場合に慌ててスキルを訳のわからない方向に撃ってしまうと逃げられるものも逃げられなくなり、倒せる敵も倒せなくなってしまいます。今回は落ち着くことの大切さについて触れていきます。

慌ててスキルを使うな!

慌ててスキルを使わないようにする、ということは非常に重要です。序盤は特にスキルレベルも低く、スキルのCDが長いものが多いので、慌ててスキルを使ってしまい外してしまうと与えるダメージが大幅に減少してしまいます。特にこの"慌ててスキルを使わない"というのはJunglerにとって重要です。中立クリープを狩っている時や、 CounterJungleを行う時に、いきなり相手のJunglerと出くわす、ということは珍しいことではありません。そんな時に慌ててスキルを打ってしまいスキルを外してしまうと返り討ちにあってしまいます。f:id:howchalle:20170205204609p:plain(リー・シン)のQやf:id:howchalle:20170421083540p:plain(エリス)のEがこの場合当てはまります。どちらのスキルも当てれば非常に強力ですが外してしまうと、1on1で負けてしまう可能性が高まります。上でも触れたように序盤のスキルはCDが長いので、同じ相手に2回打つことが出来ることはそうそうありません。なので慌てて使うよりも落ち着いて"当たる"と思った時に使い確実に当てるほうが良いです。

これは遭遇戦の時以外でも同じことが言えます。Gankに行く時や、Jungler以外ならGankに合わせる時、Gankを受けた時などです。特に方向指定スキルは慌てて打つよりも少し落ち着いて狙って打つほうが必ず良い結果をもたらすので、どんな時でも出来るだけ冷静に対処できるようにしましょう。

まとめ

  • 慌ててスキルを使うな!
  • 序盤はCDが長いものが多い
  • 特に対象指定でないものは落ち着いて
  • 序盤は同じ相手に同じスキルを打てることはそうそうない!

最後に

今回は精神面での内容になりましたが非常に重要な内容です。レートのあまり高くない人の特徴として、ビックリしてスキルを打ってしまう、といった傾向があるように感じます。相手に会って驚かないためには、常に"ここに相手がいるかもしれない"。"Gankが来るかもしれない"と、ある程度相手のことを意識しておくことで、ハプニングに対処できるでしょう。