はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

上手いADCとそうでない人の5つの違い

はじめに

f:id:howchalle:20161217210618p:plain

今回の内容は上手いADCとそうでない人の違いです。CSを多く取っている。対面をソロキルする!などといった点が多くの人が思いつくかもしれませんが、上手いMidlanerとそうでない人にはほかにも多くの違いがあります。今回はその中でも重要と思われる5つを挙げていきます。自分に何が足りないのかわからない、という人は参考にしてください。

上手いADCとそうでない人の5つの違い

  • Supportにある程度合わせられる

アグレッシブなSupport、パッシブなSupportとSupportには様々なタイプがいます。SoloQではSupportが苦手な人ともBotを組まなければならない時もあります。上手いADCの人はある程度Supportにスタイルに合わせることができます。スタイルが違っていてSupportが失敗してデスをしてしまっても上手いADCの人はデスをしないということです。

  • 相手のスキルをよく見ている

上手いADCの人は相手のスキルをよく見ています。特に集団戦ではADCはいかに相手のスキルを食らわないかにかかっています。相手のUltやCCを使ったかどうかを確認することで前に出ることができるので、これができていない人はできるだけ集団戦だけでも集中して相手がUltを使用したかどうか、CCを使用したかどうかを見極められるようにしましょう。

  • 自分へのFocusをある程度把握している

自分がFocusされているかどうかで前に出るか、Kiteするかが決まります。自分がFocusされているかどうかを知るためには相手の立ち位置を知る必要があります。集団戦で自分の位置ばかり見るのではなく、相手の位置をみて自分を攻撃できる位置にいるのかどうかをできていない人は確認しましょう。

  • Farm出来るタイミングでしっかりとFarmしている

ADCは特に中盤以降大きなダメージ源となります。より多くのダメージを出すにはFarmを多く取る必要があります。ADCはObjectを取る際に必要な存在ですがObjectを何も取れない、と判断した際はサイドレーンに行ったりすることでFarmを取る必要があります。うまいADCは適切なタイミングでFarmを重ねることで相手のADCとのゴールド差をつけています。

  • AA射程を把握している

これは経験の差になりますがうまいADCの人は使っているチャンピオンのAAの射程をある程度把握しています。射程を把握することでレーン戦でAAを入れるためのギリギリの距離を取って相手にハラスをすることができたり、集団戦で相手にダメージを出す際にどれほどの距離を保てばよいのかを考えることができます。ADCメインの人は得意チャンピオン1体2体の射程は把握しておくようにしましょう。射程を理解しておけば相手に来た際にも役に立ちます。

まとめ

  • Supportにある程度合わせられる
  • 相手のスキルをよく見ている
  • 自分へのFocusをある程度把握している
  • Farm出来るタイミングでしっかりとFarmしている

最後に

ADCは出来るだけダメージを出し続けることも大切ですが、適切な相手をFocusすることも重要です。そのためには今自分はFocusされているのかどうか、ということを把握しなければなりません。それを少しでも把握することができれば、前へ出ることができ与えるダメージも大きく上昇します。