はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

上手いSupportとそうでない人の5つの違い

はじめに

f:id:howchalle:20161215221758p:plain

今回の内容は上手いSupportとそうでない人の違いです。CSを多く取っている。対面をソロキルする!などといった点が多くの人が思いつくかもしれませんが、上手いSupportとそうでない人にはほかにも多くの違いがあります。今回はその中でも重要と思われる5つを挙げていきます。自分に何が足りないのかわからない、という人は参考にしてください。

上手いSupportとそうでない人の5つの違い

  • レーン戦の攻めることのできる時を把握している

レーン戦においてSupportの存在感は非常に大きいです。攻める場面で攻めることができれば相手のHealthを大きく削ることができたりゾーニングすることができます。逆に攻める場面で弱気になってしまい後ろに下がりすぎてしまうと勝てるはずの相手にも勝てなかったりCS差を付けることができなかったりします。レーン戦攻めるときはしっかりと攻めることができるSupportは上手いSupportです。

  • Roamするタイミングが上手い

ADCを1人にして経験値が取れなくなるようなタイミングでRoamしてしまうと少しずつ差が開いてしまいます。Roamで試合を壊すことができれば問題ありませんが壊せなかった場合は中盤以降ADCの装備に差ができてしまいダメージ量で負けてしまうことがあります。Roamする際はRoamしてADCは経験値、CSを獲得することができそうか、ということを考えてRoamしましょう。

  • 自分の役割を理解している

Supportにはいろいろなチャンピオンが存在し、それぞれに役割があります。特にEngageをするためにスキルを使うのか、それともDisEngageの為にスキルを使うのか、等とスキルの使い方にもさまざまあります。相手にアサシン系のチャンピオンが多い場合などはCCを残しておくことが重要ですし、相手が固まっている場合はEngageに使ったほうが良い場合もあります。上手いプレイヤーは自分がどのようにスキルを使うことが最適なのか、ということをしっかりと理解しています。

  • アクティブアイテムを適切なタイミングで使用している

アクティブアイテムには強力なものが多いです。特にf:id:howchalle:20170125044141p:plain(リデンプション)は上手く使えるかどうかで集団戦の勝ち負けが大きく変わることもあるアイテムです。他にも様々なアイテムがありますが、上手いSupportはアクティブアイテムを使い忘れたりすることはありません。適切なタイミングで使用してチームを勝利に導きます。

アクティブアイテムで差をつけろ!(Support編その1) - はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

こちらも参考にどうぞ

  • Wardingが上手い

上手いSupportはWardingが非常に上手いです。Wardを置くことは誰でもできる!と思いがちですが、SupportのWardingには大きな差がでます。上手いSuppotはWardingをしている間に捕まってしまいデスをすることが非常に少ないですし、"このあと相手が来るだろう"という位置や"この位置に置いておけば相手のこの後の動きがわかる"という位置にWardを指しています。あまり上手くないプレイヤーはWardを置きに行く際に捕まってデスをしてしまったり、あまり意味のないWardを置いてしまったりということがあります。

まとめ

  • レーン戦攻める時と引く時を把握している
  • Roamするタイミングが上手い
  • 自分の役割を理解している
  • アクティブアイムを適切なタイミングで使用している
  • Wardingが上手い

最後に

個人的にSupportの上手い、上手くないは大きく差がでると考えています。Junglerほど試合を破壊する、といった違いは出ませんがレーンの勝ち負けであったり視界面であったりと細かい部分で上手い人とそうでない人の差が生まれます。Supportで試合に勝つのは難しい!と思っている人もいるかもしれませんがそんな時は役割の違うチャンピオン、今まで回復/シールド系のチャンピオンを使っている人ならダメージ/hook系のチャンピオンを使ってみるなどをしてみてはどうでしょうか?