はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

Counterの意味を理解する

はじめに

f:id:howchalle:20170204203426p:plain

LoLではどんなChampionにもCounterとなるChampionが存在します。しかしCounterだから〜といって何も考えずにChampionをPickしてしまうと、CounterとなるChampionを使ってるにも関わらずレーン戦で大きく不利を背負ってしまうこともあります。そんなことを起こさないために、今回はCounterの意味を理解することの大切さについて触れていきます。

Counterの意味を理解する

何かマッチアップを例にあげてみましょう。f:id:howchalle:20161126151427p:plain(カサディン)VSf:id:howchalle:20170121193706p:plain(カタリナ)のマッチアップがあるとします。このマッチアップでは基本的にf:id:howchalle:20161126151427p:plain側がかなり有利とされています。しかし戦い方を知らない場合、f:id:howchalle:20170121193706p:plainに何度もソロキルされてしまったりRoamを何度もされてMid以外の場所で大きく差をつけられてしまう場合もあります。

なので、まず知っておかなければならないのが、なぜそのチャンピオンがCounterとされているかです。このマッチアップの場合はf:id:howchalle:20161126151427p:plain側がQとWによってダメージトレードにおいて有利を取れるから、とされています。またf:id:howchalle:20170121193706p:plainのUltに対してQによって停止、Rによって射程外に逃げる、という選択肢があるのも有利である理由です。このことを知らずにf:id:howchalle:20161126151427p:plainを使用してしまい、QやWを迂闊にミニオンに使ってしまうと簡単にやられてしまいます。

また、Counterである時間も重要です。1部マッチアップには序盤は厳しいが後半はどうとでもなる、といったマッチアップがあります。上のマッチアップではf:id:howchalle:20170121193706p:plain側には最序盤にf:id:howchalle:20161126151427p:plainを倒せる機会があります。これもf:id:howchalle:20161126151427p:plain側が理解していないとCounterだから〜という理由で前にですぎてうっかり倒されてしまう、ということもあります。このCounterである時間、というのは主にTopレーンで重要です。Topでは序盤はかなり有利だが後半になるにつれて厳しくなっていく〜というマッチアップはよくあることです。なのでそれを理解せずにトントンFarmのレーンを作ってしまうとCounterPickの有利を活かせずに試合に負けることもあります。

上記のように、CounterPickだから〜という簡単な理由であまり理解せずにチャンピオンを使ってしまうと負けてしまうことがあります。しかし理解して戦えば通常のマッチアップよりもCS面で有利をつけやすく、ソロキルできる可能性も上がるので、自分が得意なチャンピオンが、Counterとなるマッチアップは必ず理解しておくようにしましょう。

まとめ

  • Counterの意味を理解する
  • なぜCounterなのか理解する
  • Counterの時間を理解する
  • 時間はTopレーンで重要
  • 自分の得意チャンピオンは理解しておく!

最後に

Couterの意味を理解しておけば、Counterとなるマッチアップ以外の場面でも役に立ちます。特に得意チャンピオンならそのチャンピオンの使い方の幅が広がったりします。なぜこのチャンピオンがあのチャンピオンのCounterなのか、ということを知っておくことはレーン戦で勝つための情報の1つとして絶対に無駄にならないのでオススメします。