はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

CounterPickができたときは

はじめに

f:id:howchalle:20170204203426p:plain

先日、Counterの意味を理解する、という内容に触れました。CounterPickの意味を理解した後は実践です。相手のCounterChampionをPick出来た際は普通のマッチアップよりかはレーン戦で勝ちやすいので、いかにCounterPickを取れた際に試合を動かせるかがレートを上げる鍵になってきます。

CounterPickができたときは

対面のCounterとなるチャンピオンをPickできたのなら基本的にレーン戦は有利です(ゲーム終盤でCounterとなるチャンピオンも存在しますが)。特に序盤で有利なマッチアップの場合は普段はパッシブな人でもアグレッシブに動くように心がけましょう。積極的にダメージトレードを仕掛けましょう。この時CounterPickだから・・・といって迂闊な立ち回りをしてしまいダメージトレードに負けてしまわないように気を付けましょう。またアグレッシブに動きすぎてしまいGankを受けてデスをしてしまうとマッチアップの有利がなくなってしまう可能性もあります。1stRecall以降はWardを買うのを忘れないようにしましょう。

また、CounterとなるチャンピオンをPick出来たときはできるだけ対面とのCS差、経験値差を作ることが大切です。レーン戦でアグレッシブに動くことも、差を広げるために大切ですが、レーンをフリーズして相手にCSを取らせないようにする、といったプレイングも差を広げるために重要です。レーンをフリーズすることができれば相手はスキルでCSを取るしかなくなります。無理に前へ出てきた時はダメージを与えることで相手をRecallさせたり、上手くいけばソロキルすることもできます。

少し簡単な説明になってしまいましたが、CounterとなるチャンピオンをPick出来たときは基本的にはダメージトレードで有利を取れるので積極的にダメージトレードを行うことを心がけましょう。相手がアグレッシブに仕掛けてきてもしっかりとダメージを返すことができれば相手は次は前に出れなくなります。

 

まとめ

  • CounterPickができたときは
  • アグレッシブに動く
  • Gankには注意
  • 差を開くように努める
  • レーンをフリーズする

最後に

対面のCouterのChampionをPickしたときは、レーン戦をイーブンで終わらせる、という考えはできるだけ捨てましょう。上でも触れたように普段はパッシブな動きをする人でもアグレッシブな動きをして積極的に試合を動かすように心がけましょう。