はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

待つことも大切!

はじめに

f:id:howchalle:20161118203921j:plain

LoLではいつでも戦闘を起こしたり、TurretにSiege出来る、とは限りません。次のObject(Turret、Dragon、Baronの湧き待ち)を取るまで時間がかかることがあります。そんな時焦って動いてしまうと相手に捕まってしまったり悪い当たり方の集団戦になってしまい負けてしまうこともあります。なので取れるobjectがない場合は特にSoloQでは待つことも大切になってきます。

待つことも大切!

SoloQでは特に全員が完璧なローテーションができる、というわけではありません。レートが高くなればなるほどアクションを起こさない時間、というのは減ってきますが無くなりはしません。その"アクションを起こさない時間"に無理矢理集団戦を起こして孤立してしまったり、無茶なタワーダイブを行ったりSiegeを行おうとして敵に囲まれてしまってはそれまでに作った有利が無駄になってしまいます。

なので次にObjectを取るまである程度待つことも大切になってきます。例をあげれば相手のMidがf:id:howchalle:20170104181148p:plain(ジグス)のようなミニオン処理の早いチャンピオンの場合はTuretを折りに行くことが難しいです。なので次のDragonが沸くタイミングを待ってf:id:howchalle:20170104181148p:plainを倒すチャンスを作り倒す、もしくはHealthを削って帰らせてからSiegeしたりf:id:howchalle:20170205204311p:plain(フィオラ)のように終盤かなり1on1において強力なチャンピオンがいる場合はf:id:howchalle:20170205204311p:plainが1on1で有利を作ってくれるのを待ち相手がf:id:howchalle:20170205204311p:plainに人数を割いたときに他でアクションを起こす。など、待つことのほうが、無理にアクションを起こすよりも大きな利益を生む場合があります。もっと簡単な場面を挙げると相手のインヒビターを2個折っている状態で残り1個をSiege行く際に割れているレーンが押されるのを待つ、という場面でしょうか。インヒビターが割れているレーンは自然と押され、ミニオン処理をするのにある程度時間がかかるので人数差を作ることができます。ミニオンが来ていないのに無理にEngageしてしまうと集団戦に負けてしまう、ということもあるのでこのような場面でも待つ方が良いでしょう。

まとめ

  • 待つことも大切!
  • 無理にアクションを起こすと有利を投げてしまうことに
  • 1番よくある例がDragonを待つこと
  • 状況によって待つほうが良い場合、アクションを起こすほうが良い場合がある

最後に

LoLではアクションを起こしつづけたほうが良いですが、状況によっては待ったほうが良い場面もあるので、それをしっかりと見極めましょう。それを見極めることで試合をThrowしてしまうことがかなり少なくなり、勝率も上がります。