はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

Recallを気付かれるな!

はじめに

f:id:howchalle:20170221232527p:plain

RecallはHealth、Manaを回復することができ、アイテムを購入できるので、レーン戦では1度仕切りなおすのに、中盤以降では何かをセットアップするために重要です。いつRecallするかも重要ですが、相手にRecallしているのを悟られないようにすることも大切です。これは全てのロールで同じことが言えます。

Recallを気付かれるな!

Recallはベースに戻ることになるため相手に気づかれてしまうとその間相手に自由な時間を与えてしまいます(タワー下に押し込んでいるときはその限りではありませんが)。また、自由な時間を与えなくてもRecallをしてベースに戻っていることが相手に気づかれればCSを落ち着いて取れる精神的な余裕も与えてしまいます。レーン戦で勝つためには常に相手にプレッシャーを与え続けた方が勝ちやすくなるので、Recallする場所はできるだけ相手からは出来るだけ見えない場所でするのが良いです。

レーン戦では・・・>>相手から見えない位置でRecallすることで、相手からすればRoamしているかもしれない、どこかで待ち伏せしているのかもしれない。と思わせることができます。そうすることで見えている場所でRecallする時とは違い対面にプレッシャーを与えることができるだけでなく、Pushさせないようにする、他のレーンにも多少のプレッシャーをかけることができます。また、相手にRecallを妨害されてしまう可能性も減らすことができます。相手にRecallを悟られなければ上手くいけばそのままレーンに帰ってきた際に装備差があるままレーン戦を過ごすことができます。Recallを悟らせないというテクニックは主にレーン戦で勝っている時に真価を発揮します。

中盤以降では・・・>>ベースにいるときはほかの場所で人数差が出来てしまいます。相手にRecallしているのを悟られると集団戦を起こされてしまったり、Objectを取られてしまったりします。1番よくあるのがJunglerやADCがRecallするのを相手に見られてしまい、Baronを取られてしまう、といったパターンです。姿を見られなければ相手からすればどこにいるかわからないので迂闊にEngageをすることができません。中盤以降では主に、相手にプレッシャーを与える、といった働きがあります。

まとめ

  • Recallを気付かれるな!
  • 気付かれるとプレッシャーが落ちる
  • レーン戦では気づかれなければ有利に
  • 勝っているときに真価を発揮する
  • 中盤以降ではObjectへのプレッシャーに

最後に

勝っている時に真価を発揮する、と書きましたが負けている時でも大切なテクニックです。特にRecallを妨害されてしまうとCS、経験値を多く失ってしまうので、出来るだけ相手にRecallは気づかれないようにするように心がけましょう。