はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

相手の行動にレスポンスしろ!

はじめに

f:id:howchalle:20170204203426p:plain

LoLで試合に勝つためにはレーン戦で勝つことが重要です。そして試合に負けないためには今回触れる内容のゲーム序盤〜中盤において"相手の行動に対してレスポンスする"ということです。よくある例が"相手のJunglerはBotにGankしているのにこちらのjunglerは自軍Jungle内でFarmをしている"といったものです。

相手の行動にレスポンスしろ!

レスポンスというのは相手の行動に対して何かする、といった意味で使われます。LoL内での例では相手がTopにGankに行ったからDragonを取る、Botに人数が集まっているかHeraldを取る、といったものが有名です。LoLでは常に自分が序盤に有利を取って、先に動けるわけではありません。なのでこういった"相手が何かしたので自分も何かする"といったレスポンスが重要になってきます。これを行わないと自分以外の場所で差がどんどんと生まれてしまい対面が育ってしまったり他のレーンのチャンピオンが育ってしまい試合に負けてしまいます。

Jungler・・・>>

Junglerが1番レスポンスすることがどのロールよりも重要だと考えます。例えば相手がTopにGankに行き、姿が見えた際はBot側にCounterJungleする、Dragonを取る、Mid、BotにGankに行く、などを出来るだけ行う必要があるでしょう。ここで何もせずにRecallをしてしまったり(Healthがない場合を除いて)、自分の森でFarmだけをする、といったことをしてしまうと相手と自分たちが得たものに差が生まれてしまいます、(相手はキル、サモナースペル。こちらは自軍Jungle内の経験値のみ)うまいJunglerほどこのレスポンスが自然に出来ています。これができるかどうかで試合での存在感が大きく変わるので出来ていない人は特に意識するようにしましょう。

Laner・・・>>

Lanerは基本的に相手がRoamしたら、テレポート…といった、サイドレーンに動いた際にどうするかが鍵になってきます。相手がRaomした際はMidをPushする、追いかける、逆のレーンにRoamに行く、の3つの選択肢があります。どれが正しいかはその時の状況にもよりますが、基本的に追いかけても間に合わない場合、待ち伏せが強い場合は追いかけずにPush、逆のレーンにRoam、追いかけて間に合いそうなら追いかける、といった具合で良いでしょう。ここで正しい選択を取ることができれば大きく差をつけられずに済みますが、間違った選択肢、例えば追いかけていればキルを取れたのに追いかけなかった、といったことになってしまうと仲間から"このMidは何もしない"と思われてしまうので注意しましょう。

 

まとめ

  • 相手の行動にレスポンスしろ!
  • レーン戦では常に有利をとって先に動けるわけではない!
  • 相手の行動に対してなんらかの反応を見せることが大切
  • Junglerは相手のJunglerが見えたらレスポンスする
  • Lanerは相手のRoamに対してレスポンスする

最後に

この、レスポンスする、といった内容はとても難しい内容です。特にJunglerはCounterJungleしても中立クリープがなく視界を取っただけ、となってしまうこともあるでしょう。Lanerは間違った選択肢を取ってしまいチームに迷惑をかけてしまうことがあるかもしれません。しかし最初は誰でも正しい選択肢を取れるわけではないので、相手が何か行動を起こした際は常に考えて動く、という癖からつけるようにすればいずれは正しい選択肢を取れるようになるでしょう。