はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

Gankにはレーン側が合わせろ!

はじめに

f:id:howchalle:20170803162154p:plain

Gankはレーナーからすれば非常にありがたいものです。1度来てくれるだけでレーン戦はかなり楽になります。しかし失敗するとJunglerの貴重な時間を数秒間無駄にして、位置を相手に知らせてしまうことにもなります。なのでできるだけGankの成功率を高めることが大切です。

Gankにはレーナー側が合わせろ!

Gankにはレーナー川が合わせる、というのは文字通りの意味です。Junglerには強力なCC、ダメージを持つものが多いですが、対象指定のものは少なく、f:id:howchalle:20170421083540p:plain(エリス)のEやf:id:howchalle:20161118200833j:plain(リー・シン)のQのような方向指定のスキル、f:id:howchalle:20170503185232p:plain(ザック)のEやf:id:howchalle:20170223211807p:plain(チョ=ガス)のQのような地点指定のスキルがあります。これらのスキルは当たれば強力ですがf:id:howchalle:20161114222736p:plain(フラッシュ)や移動で避けられてしまう可能性もあります。なのでGankに来てもらうときは、"可能な限り"レーナーから先にCCを入れるのが1番です。先にCCを入れることで上に挙げたチャンピオンが方向指定、地点指定のスキルをかなり当てやすくなります。

逆にJunglerからCCを入れ、それにレーナーがスキルを合わせる、といった場合ももちろん存在します。f:id:howchalle:20170125043152p:plain(グラガス)のEやf:id:howchalle:20161114234257p:plain(レク=サイ)の打ち上げのようなCCの範囲が広いスキル、の場合は、レーナーが先にCCを入れなくても先に入れてくれる場合があります。(レーナーが入れたほうが良い場合もありますが状況次第です。)このような場合はJunglerのCCに合わせてレーナー側がスキルを使うのが良いです。f:id:howchalle:20161130210706p:plain(タリヤ)やf:id:howchalle:20161114221830p:plain(シンドラ)のような当たればかなりのダメージを与えることができる半面相手に避けられる可能性があるスキルでもJunglerのCCにしっかりと合わせることができれば確実に当てることができます。

また、f:id:howchalle:20161114222736p:plainを使用するかどうかは個人の判断によるところが大きいです。f:id:howchalle:20161114222736p:plainを使用してCCを入れても倒しきれない場合もありますし、倒しきれる場合もあります。これは経験によるダメージ計算の部分が大きいですが、基本的にJunglerがf:id:howchalle:20161114222736p:plainを使用してCCを入れた場合はレーナーもf:id:howchalle:20161114222736p:plainを使用するのが良いでしょう。f:id:howchalle:20170421083540p:plainのような序盤に強力なJunglerが仲間にいる場合はなおさらです。

なのでGankに来てもらうときは集中してCC、スキルを当てるように心がけることが大切です。

まとめ

  • Gankにはレーナー側が合わせる
  • Junglerは(可能な限り)CCに合わせる
  • Junglerから仕掛ける場合もある
  • フラッシュを切るかは個人の判断
  • Gankに来てもらうときは集中する

最後に

Gankはある程度Junglerとの息が合わないと決まりません。Junglerがf:id:howchalle:20161114222736p:plainを使用したのにレーナーがf:id:howchalle:20161114222736p:plainを使用せずに倒しきれなかった、反応するのが遅すぎて相手に逃げられてしまった、ということがないようにCCを入れ損ねないようにしましょう。