はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

対面の情報を知れ!

はじめに

f:id:howchalle:20170204203426p:plain

ノーマルでもSoloQでも、マッチングしている相手、仲間のレートを見る人は多いでしょう。しかし対面のレートだけを見て終わる人が多いように感じます。相手、特に対面の情報は知れば知るほど有利になるので出来るだけ情報を知ることが勝利につながります。

対面の情報を知れ!

日本で恐らく1番利用されているのがop.ggでしょう。(他にも様々なAPIを利用したサイトがありますが好みで選んでもらってかまいません)

多くの人が見るのが恐らく対面の勝率でしょう。Rankでどれくらいの勝率なのか、Smurfなのか、適正レートなのか、といったことが勝率で見えてきます。しかしここで対面の。Smurfということがわかっても自分の動きが急に良くなるわけではありませんし、相手のチャンピオンの勝率が高い、例えばf:id:howchalle:20170203203356p:plain(ゼド)で90%の勝率のプレイヤーが対面、となると少し気弱になってしまうので、あまり勝率自体は気にしないほうが良いです。そのレートまで連勝してきて最近負け始めた、というプレイヤーもいます。

気にすべきはまず、相手がメインロールかどうか、です。例えば自分がMidなら、対面のプレイヤーはMidをメインとしているのか、ということを確認しましょう。(主に最近使用しているチャンピオン、チャンピオン使用回数でわかります。)f:id:howchalle:20170203201948p:plain(ヴァルス)f:id:howchalle:20170203202922p:plain(ジン)のようなADCが多ければADCがメインのプレイヤーですし、f:id:howchalle:20170212180738p:plain(ジャンナ)などのSupportの使用回数が多ければそのプレイヤーはSupportプレイヤーと判断してよいでしょう。対面がメインロールならば通常通りレーン戦を行うのが良いですが、メインロールでないなら、今回の例ならMidレーナーでないなら、自分よりも上手くない場合が多い(チャンピオンに慣れていない、ダメージトレードの経験が少ない)ので、積極的にレーン戦でダメージトレード、Roamを行うことで差をつけやすいです。似たような状況として仲間がメインロールでないロールをプレイさせられることも少なくありません。(ADCプレイヤーがTopをする・・・等)そういう場合はそのプレイヤーがレーン戦で負けてしまうことも考えなければなりません。なので自分の対面がメインロールでないなら、メインロールのプレイヤーよりもある程度レーン戦が勝ちやすいので、いつもよりも"自分がこの試合をCarryする!"という意識をもってプレイしましょう。

まとめ

  • 対面の情報を知れ!
  • 勝率はあまり気にしない
  • メインロールかどうかを確認する
  • メインロールでないなら自分がCarryすることを意識する

最後に

対面がメインロールをしていない、というのはかなり大きなアドバンテージです。なので上でも触れたとおり、まずはレーン戦で勝つことから、そのあと積極的に自分から試合を動かしていくことで、SoloQでの勝率を増やすことができます。