はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

デスしてはいけないタイミングは?(レーン戦編)

はじめに

f:id:howchalle:20170321221816p:plain

デスは基本的にしないほうが良いですが、デスをしても仕方ない場面(1:2交換にできた等)ということはあります。逆にデスをしてはいけないタイミング、しないほうが良いタイミングも存在します。そのようなタイミングを把握していないと大きく損をしてしまいます。今回はデスをしてはいけないタイミングについて触れていきます。

デスしてはいけないタイミングは?(レーン戦編)

デスをしていけないタイミングしないほうが良いタイミングは、"デスをしてしまうと通常のデスよりも大きく経験値、CS等をロスしてしまうタイミング"という意味で話していきます。

まずはRecallやデスをした後にレーンに帰ってきた直後です。レーンに帰ってきた直後にGankやソロキルで倒されてしまうとミニオンが消えてしまうだけでなく、ビルドが全く進みません。特に、Topレーンでタワーダイブを受けてデスをして、f:id:howchalle:20161114234202p:plain(テレポート)で返ってきた直後にもう一度ダイブを受けてしまったり、レーンに帰る途中でキルされてしまうとミニオンも大量に消えてしまい通常のデスよりもはるかに損をしてしまいます。なのでかなり後ろ気味に立ち位置をとってCSはあきらめて経験値を取る、などで対応する必要があります。

次は仲間のJunglerが他のレーンにGankに行ってる時です。仲間のJunglerが他のレーンにGankに行き、相手のJunglerがそのレーンにCounterGank、カバーに来ない場合は、殆どの場合こちらの森に入っている、他のレーンへのGankを狙っている可能性が非常に高いです。このタイミングでデスをしてしまうと誰もそのレーンのカバーができない(仲間Junglerは他のレーンにGankに行ってるため)ので多くのミニオンを失い、最悪Turretも取られてしまう可能性があります。なので仲間のJunglerがほかのレーンでアクションを起こしている間は自分が狙われるかも、と考えておきましょう。

最後はDragonやHerald、TurretなどのObjectを仲間が狙おうとしている、とっている最中の時です。これも前の理由と同じで、デスをしてしまうとカバーに入れない、入ってしまうとそのObjectを途中であきらめなくてはいけなくなる、という点からです。なので仲間がDragonをやっている際はセーフティー気味に動いたり、とにかくデスをしないようにしましょう。

 

まとめ

  • デスしてはいけないタイミングは?
  • Recallをしてレーンに帰ってきた直後
  • 味方JunglerがGankに行ってるとき
  • DragonやHerald、TurretなどのObjectを狙っているとき

最後に

デスをしてはいけないタイミング、しないほうが良いタイミングでデスをしてしまう人はある程度CS、経験値、最悪Turretを捨ててもよいのでデスをしない動きをしましょう。今回触れたタイミングでデスをしないようになれば、相手に大きく差を付けられることは絶対になくなります。なので今どのタイミングなのか、ということを常に考えるようにしましょう。