はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

対面をソロキルするために part2(MID)

はじめに

f:id:howchalle:20170829154901p:plain

前回は対面をソロキルするために、チャンピオンによってどのラインにミニオンを置けばよいのか、ということについて触れました。今回はいかにしてミニオンを押し込むか、フリーズした状態にするか、ということについて触れていきます。

コーチング企画実施中です。詳しくはこちらへ

対面をソロキルするために(MID)

前回触れたフリーズするレーンを作るためには、AoEスキルを打ちすぎない、ということがまず前提に入ってきます。AoEスキルを打ちミニオンにそのダメージが入るとHealthが削れるので相手のミニオンが此方のミニオンよりも早く倒れPushすることになってしまいます。これを何度も行うと相手のTurret下に押し込む形になります。f:id:howchalle:20170111204917p:plain(ルシアン)のQを打ちすぎたり、f:id:howchalle:20161126151427p:plain(カサディン)のE、Rを下手に使いすぎるとPushする形になるので気を付けましょう。逆にPushしたい場合はスキルを使うと良いです。f:id:howchalle:20170117030152p:plain(タリヤ)やf:id:howchalle:20161207092616p:plain(シンドラ)のQ等)

なので出来るだけフリーズする際はCSをAAで取る、といったことが重要になってきます。CSをAAで取る際は硬直時間があるので少しリスクがありますがフリーズを狙う際はあまりスキルを使わないほうが良いです。勿論相手がスキルを使ってきて押してきた際は押されないようにスキルを使用する、押されるなら押されるでWardを指してRoamを防ぐ、といった工夫が必要になってきます。

(↓参考記事)

www.leagueoflegendsjp.com

まとめ

  • 対面をソロキルするために(MID)
  • AoEスキルを考えて使う
  • フリーズCSをAAで取る
  • 隙をつくことが大切

最後に

ミニオンを調整した後に大切なのは最後の相手の隙を突く、といった点でしょう。レートが高くなるにつれ隙が少なくなってくるので相手のミスをミスかどうか見極められるようになる必要があります。そのためにはプロのプレイヤーの動画をみてどのタイミングがミスなのか、どのタイミングで攻めるのか、といったことを把握するのがよいでしょう。