はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

Gankが決まった後は?

はじめに

 

f:id:howchalle:20170204203426p:plain

JunglerをやっていてGankを決めることはとても重要です。しかしGankを決めたからといって仕事はそれで終わりではありません。Gankを決めた後のミニオンの状況をみて押すのを手伝ったり、相手のJunglerがどこにいるのか、ということをある程度予測してそれを仲間に伝えることも大切です。

Gankが決まった後は?

Gankが決まった後に多くの人が迷うのはミニオンをPushするか、Pushしないか、です。ここで正しく判断することができれば、Gankを決めたレーンで、相手にかなりのミニオンをロストさせることができます。

そのためには2つのことを確認する必要があります。

まずはレーナーのManaを確認しましょう。Manaがない場合は押すためにはAAをしなければならないので、レーナー一人では押すのに時間がかかってしまい、ミニオンを押し切る前に相手が帰ってきてしまうので、相手のミニオンをTurret下に押し込んでロストさせることができません。

次にミニオンの数と位置です。ミニオンの数がこちらの方が多い場合は押す形になるので押し切ったほうが良いです。逆にこちらの方がミニオンの数が少ない場合は押される形になるのでそのまま放っておくと相手のミニオンミニオンでロストさせることができます。そして次にくるミニオンの位置です。次に来るミニオンウェーブの位置が近い場合はその次のウェーブもしっかりと押しきらないとレーンの高い位置でミニオンがフリーズされてしまい、レーナーが次に帰ってきた際にGankを受ける可能性が高くなってしまいます。遠い場合はその心配もあまりないのでレーンにいるミニオンだけ処理すればよいです。

なので基本的にレーナーのManaが少なく、早く押せない状態かつ、ミニオンウェーブが遠くにいる場合は押すのを手伝うのが良いです。こうすることで相手のTurret下にミニオンを押し込んだ状態で、レーナーはRecallすることができます。逆にフリーズできそうな場合、上で触れた相手のほうがミニオンが多い場合などは押さないほうが、もう1度Gankを決めることができたり、ミニオンミニオンをロストさせることができます。

また、Top、Midならf:id:howchalle:20161114234202p:plain(テレポート)の有無も確認しましょう。f:id:howchalle:20161114234202p:plainがある場合は相手も仲間もすぐにレーンに戻ってくることができるので、あまり下手にミニオンに触らないほうが良いです。なのですぐに押し込める場合は早く押し込んでしまい、相手が f:id:howchalle:20161114234202p:plainで返ってこれそうなら押さずに仲間もRecallさせる、といった考えが必要になってきます。

 

まとめ

  • Gankが決まった後は?
  • Manaを見る
  • ミニオンの状況を見る
  • 仲間のテレポート、有無を見る
  • 相手Junglerの位置を予測する

最後に

 Gankを決めた後にレーンを押すか、押さないかの判断を間違ってしまうとレーナーからしてもかなり損になってしまいます。なのでミニオンの数をしっかりと確認し、押されるか、押されないかを判断できるようにしましょう。