はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

他のロールをやってみることも大切?!

はじめに

f:id:howchalle:20170906065606p:plain

レートをあげるためには基本的に1,2つのロールに絞ってやるのが良いです。(まれにFillで上げる人もいますが)。なのでそのロールをひたすら練習して上手くなる、といったことが大切です。しかしたまには他のロールをノーマルなどで触ってみることで初めてわかることもあるので、ある程度は他のロールについても触っておくことも地味に重要です。

他のロールをやってみることも大切?!

他のロールを触ってみて、初めてわかることはいくつもあります。

それがそのロールのそのチャンピオンの性能です。ADCやMidなら、どれくらいのダメージを与えられるのか、TopのTank系のチャンピオンなら敵に来たらかなり耐久力の高いイメージがあるが、実際自分で使ってみるとどれくらいの耐久力なのか、等がわかります。Tankは特に、使ってみると案外入り方を間違えてしまえばすぐに相手に溶かされてしまう、といったことが分かったりします。また、スキルのCD、特にCCやBlinkのスキルのCDを大体把握することができます。なのでメインロールをやった際に、"まだこいつのCCはCDだろう”と判断し、反撃することもできるかもしれません。

特に重要なのが1度Jungleを経験する、ということです。Jungleをやることで、どのくらいの速度、どのくらいのHealthを維持して周回することができるのか、Gankに行った際にどれくらいのダメージを与えることができるのか、ということがある程度見えてくるようになります。それがわかれば、今Gankに来る確率はかなり低いだろう、と考えることができたり、Gankにこられても返り討ちにすることができる、と判断することができます。

なので1度いろいろなロール、いろいろなチャンピオンを触ってみることも、自分のメインロールで試合に勝つための役に必ずたつのでオススメします。

 

まとめ

  • 他のロールをやってみることも大切?!
  • やってみて初めてわかることがある
  • 他のレーンのチャンピオンのCDや与ダメージ
  • 特にJungleは1度触ってみる

最後に

Rankでいきなり他のロールをやるのは少し怖い部分があるので、ノーマルでやるのが良いでしょう。特に上でも触れたようにJungleは少し難しい部分がありますが、慣れてくると今どのあたりにいるのか、どの程度のダメージなのか、ということがわかりかなりレーン戦の役に立ちます。なので1度はやってみることをオススメします。