はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

Roamの帰り道は気をつけろ!

 

はじめに

f:id:howchalle:20170908195630p:plain

 Roamはレーン戦で、他のレーンを助ける為に非常に重要な動きです。上手く決まれば他のレーンが楽になります。ただ、その後の自分の動きに気を付けないと、帰り道襲われてしまって大量のミニオンを失ってしまう、なんてことになりかねません。なのでRoamを終えた後のレーンに戻る際は待ち伏せなどされていないかしっかりと気を付ける必要があります。

Roamの帰り道は気をつけろ!

 Roamが決まった、決まってないにかかわらず、Roamした後の帰り道は必ず気を付けなければなりません。特に川を通る場合は相手のレーナーに待ち伏せされていたり、Junglerに待ち伏せされている、なんてこともよくあります。

www.youtube.com

↑はコーチングを行っている方の動画です。BotレーンにRoamした後Midに戻る際、待ち伏せを受けています。ここではデスさえしませんでしたが、多くのミニオンをロストし、Turretも大きく削られてしまっています。こうなってしまうともう1度Roamを行うと折られてしまうので非常にRoamが行いにくくなってしまいます。

なのでRoamをした後、まず対面がMapに見えていない時は気を付けましょう。待ち伏せをしている可能性、もしくは追いかけてきている可能性が非常に高いです。相手が見えていてもJunglerが1on1で強力な場合や自分に防衛スキルがない場合も気を付けなければなりません。

こういった場合はRecallしたり、遠回りするようにしましょう。そうすることでHealthを削られたりデスをすることを防ぐことができます。(Recallしたくない、といった場合が多いので基本遠回りになりますね)

こういったときに甘えて川を通って行ってデスをしてしまうと大損になってしまいます。なので常に相手がどこにいるのか、待ち伏せしているのではないか、ということを意識しながらプレイするようにしましょう。

まとめ

  • Roamの帰り道は気をつけろ!
  • 待ち伏せに注意!
  • Mapに見えていない時は気を付ける
  • 危険そうなときはRecallする、遠回りする

最後に

Roamに成功しても帰り道でデスを相手に献上してしまうと非常に勿体ないです。Roamした後はレーンに誰もいない場合が多く、ミニオンがおしつけられてしまうのでTurretが大きく削られ、そしてミニオンもロストしてしまうという大損になってしまいます。なのでRoamが決まったからと言って気を抜かないようにしましょう。