はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

パッチ7.22考察

はじめに

f:id:howchalle:20171108112350j:plain

パッチノート 7.22 | League of Legends

今回はプレシーズンの始まりのパッチなので大幅に様々な変更が施されています。全ての変更点に触れるとかなり長くなってしまうので、自分なりに注目すべき点について触れていきます。また新ルーンのキーストーンについてもいくつか触れていきます

注目ポイント

 

今までのルーンページ、マスタリがなくなり新ルーンのみになりました。これについてはまた後で触れます。また、ルーンページがなくなったため、その分のステータス、スキルダメージの補償が全てのチャンピオンで行われています。しかしf:id:howchalle:20170726150330p:plainアジール)のような、APでありながらもルーンにASを入れていたチャンピオンは、ASを稼ぐ方法が少し難しくなったので、体感少しかわってしまう点に注意です。

まずアイテムです。Supportアイテムそれぞれに、今までのちょろまかし(ミニオンが倒れる毎、相手チャンピオンにAA毎にゴールド取得のマスタリ)が追加されるようになりました。f:id:howchalle:20170712055617p:plain(ポーチャーダーク)もCDがなくなりキャンプ数が4体になりました。これはJungleでの変更を基に変更されています。

次にJungleです。中立クリープとのLv差があるときに生じていた経験値ボーナスが調整されました。しかしウルフキャンプからLv2になれる、といったことも変更されたので、Jungleルートが変更される可能性もあります。このJungle経験値の変更は今後かなり注目です。

また、ゲーム開始時間が早くなりました。soloQではあまり変わりませんが、競技シーンでのinvadeの面で少し影響がありそうです

 

次にそれぞれのルーンを見ていく、とまではいきませんが、個人的に気になったルーンをいくつか紹介していきます。

プレスアタック(栄華)・・・>>敵チャンピオンを3回殴ると発動しますが、12%増加が非常に大きいです。レーン戦、小規模戦でも効果が期待されるキーストーンです。

ゾンビワード(覇道)・・・>>個人的にこれがかなりOPです。トリンケットでも発動するため、このままの仕様だと勝っている側が圧倒的有利になります。(負けている側は動きを補足されやすい)開幕相手のjungle内に置いておけば相手のjunglerの動きも破壊されない限りわかるので、全時間で強いマスタリーといえるでしょう。もしかしたらJunglerがまたWardを買い始める時代が来るかもしれません。

フェイズラッシュ(魔道)・・・>>以前のf:id:howchalle:20170615062507p:plain(嵐乗りの勇躍)と効果は似ていますが、発動条件が大きく異なります。以前はダメージを一定割合与えなければいけませんでしたが、今は3回攻撃で発動するのでかなり発動しやすくなりました。f:id:howchalle:20170205204432p:plain(ジェイス)などで攻撃した時にダメージトレードで勝ちやすくなったので、個人的にかなり強いキーストーンだと思います。

マナーフローバンド(魔道)・・・>>瞑想がなくなってしまったための代わりのルーンといった感じです。これを使えばある程度はManaの問題が解決します。

ねこばば(天啓)・・・>>相手にスキル後の通常攻撃を当てると一定確立でアイテムを得ることが出来るルーンです。アイテムは様々ですが、ソロレーンでもつには少しもったいない、といった感じです。Supportで押し込むことが出来る組み合わせを選ぶことが出来れば、大量にアイテムを得ることが出来るので、今後注目のルーンです

 

ルーンのテンプレートなどは現段階では出来上がってない状態です。個人的には上でも触れましたがゾンビワードがかなりOPと考えています。また、Topのファイター系のチャンピオンは、f:id:howchalle:20170709201834p:plain(戦いの律動)に変わるルーンがあまりないので関節的にNerfされたといえるのではないでしょうか。SupportはTank、Heal、Hook、Mage、どれも良いルーンがあるので、好みのものを選んで練習すると良いでしょう。

まとめ

  • ルーンのみに

  • マスタリが消えたのでその分チャンピオンの使い勝手が変更
  • JungleのEXPに調整
  • ルーンは1部かなり強いものが

最後に

現段階では先日の記事でも触れましたが殆どが研究段階です。プレシーズンなので大幅な調整が入ることが予想されますが、どのルーンにどのような効果があるのか、程度は把握しておくとよいでしょう