はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

今流行り?!トリスターナJungleについて

はじめに

f:id:howchalle:20171118025251p:plain

シーズンが変わりしばらく経ちました。Jungleでは従来Junglerとして使われてきたチャンピオンが多く使用されていますが、最近ではf:id:howchalle:20170814021643p:plain(トリスターナ)をJunglerとして運用する、といった機会をチラホラと見かけます。今回はそれについての考察内容です。

今流行り?!トリスターナJungleについて

ビルドはf:id:howchalle:20171120184751j:plain(スカーミッシュブレード・ブラッドレザー)から、f:id:howchalle:20170503193444p:plain(スタティック・シブ)、f:id:howchalle:20170503193252p:plain(インフィニティ・エッジ)に向かう、といった従来のビルドが現在では主流です

最近では似たようなJunglerにf:id:howchalle:20161122183712p:plain(エズリアル)が登場していましたが、f:id:howchalle:20161122183712p:plainはキーストーンのねこばばの実装とともにBotでの履けんf:id:howchalle:20170814021643p:plainもそれに似たような感じです。違いはやはりFarm速度でしょう。f:id:howchalle:20161122183712p:plainは鳥を狩るのにかなり時間を要しますが(単体スキルしかないため)f:id:howchalle:20170814021643p:plainはEのAoEダメージでかなり鳥やゴーレムを早い速度で狩ることができます。そしてGankですが、f:id:howchalle:20161122183712p:plainのように赤バフを持った状態でLv2でMidにWとEでGankに向かう、などを行うことが出来ます。得にWは距離もかなりあるので序盤に攻めに使う分にはかなりの距離をつめることが出来、相手の計算を狂わせることも出来ます。(もちろんキルを回収したあと逃げることにも使えます)またEは序盤からかなりのダメージが期待できるスキルなので相手が耐久の低いチャンピオンならどんどんとGankでキルを狙うことが出来スノーボールを狙うことが出来ます。

また中盤以降大きくスケールする、といった点も見逃せません。ご存知の通りf:id:howchalle:20170814021643p:plainはLvに応じて射程が上昇していくので、装備が整うにつれて大きく成長していきます。特にf:id:howchalle:20170503193252p:plainを購入できた段階からかなりの攻撃力を得ることが出来るので集団戦や小規模戦で従来のADCとしての運用並に貢献できるでしょう。

気をつけなければならないのがJunglerに脆いチャンピオンを置くことになるので、NoTankになりやすい、といった点です。CCがある!といったチャンピオンでもないので、Tankがいない場合はEngage手段に欠けてしう場合や1度不利を背負ってしまうと取り返すのが難しい、といった問題もあります。

なのでRankで使う場合はCCの数などに注意してPickするようにしましょう

まとめ

  • 今流行り?!トリスターナJungleについて
  • 周回速度が速い
  • Gank距離が長い
  • 中盤以降大きくスケールする
  • 構成を見ないといけない

最後に

f:id:howchalle:20170814021643p:plainは序盤にキルを得ることが出来ればかなりの力を発揮します。上でも述べたとおりWの距離が非常に長いので、Wardにうつっても相手が反応できずにそのままGankを決める、といったことも難しくはありません。なので赤Buffを持っている際は積極的に責めるように心がけましょう