はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

レーン戦中何を話す?【Mid視点】

はじめに

f:id:howchalle:20170204203426p:plain

プレシーズンに入り多くの方がSoloQではなくFlexQを回していると思います。FlexQはSoloでも回せますが、2人、3人、5人と多くの人数で回すことが出来ます。そういった場合多くの方がVoiceChatでお互いの声を聞きながらLoLを行っていることでしょう。今回はMidレーナーから見てレーン戦中何を話す、報告すればよいのか、といった内容です。

レーン戦中何を話す?【Mid視点】

試合が始まってからまず話すことは相手のJunglerがどの中立クリープから開始したか(青か赤か)でしょう。相手がどの位置からスタートしたかはBot、TopのどちらがLeashしたかで大体分かります。(Leashを行わずにソロで行った場合、FakeLeashをした場合はその限りではありませんが)相手がどこから始めたか分かれば相手が2:30秒辺りでレーンのどちら側に寄っておけば良いか、Wardをどちらにさせばよいのかが大体わかるので可能な限り把握するようにしましょう。

次に1番多く話すことがレーン戦の状況です。レーン戦ダメージトレードで勝っているのか、負けているのか、レーンを押せそうなのか、押されそうなのか、ミニオンをコントロールできる状況なのか。また、Recallしたいのか・・・等。特にJunglerとVCを行っている際はこれらの情報を伝えることで川、相手の森に入りやすくなります。例えばミニオンを押し込まれそう、といった時に仲間のJunglerが相手の森へ入って戦闘を起こしてしまうと寄りが対面よりも遅れてしまいます。逆に押しこめる、といったことを仲間のJunglerに知らせておくと戦闘を始めても直ぐに寄れる、ということが分かっているので強気で相手と戦闘を行うことが出来ます。

また対面を見失った際は基本的にPingと見失った、といったことを仲間に伝えましょう。見失ったときにRoamされていた場合他のレーンで戦闘が始まった場合ほぼ100%相手の方が早くその戦闘が起きたレーンにつくので人数不利が出来てしまいます。相手がRecallをした際も相手がRecallをした、といったことは伝えましょう

次にRoam出来そうかどうか、です。MidでRoam出来るタイミングが出来た際はTopやBotの人にRoamに行ってきまりそうかどうか、タワーダイブを狙えそうかどうかを1度聞いて見ましょう。無理そうなら無理でRecallや相手の森の視界をとりに行く、姿を消して相手にプレッシャーをかける、といったことをするだけでよいです。

最後にサモナースペルです。これはどのレーンでも同じですがf:id:howchalle:20170421083030p:plain(フラッシュ)を対面が使った際はチャンスです。仲間のJunglerやSupport、Topのプレイヤーに"今MidにGankこれない?"と聞いてみるのも良いでしょう。

 

まとめ

  • レーン戦中何を話す?【Mid視点】
  • 相手のJunglerはどの位置から始めたのか
  • レーンの状況を話す
  • Miacallはちゃんと行う
  • Roamが可能かどうか
  • モナースペルの有無

最後に

レーン戦集中してしまって話せない、という人も多いでしょう。話してしまうとそれなりにパフォーマンスが落ちてしまうのは確かです。そういった場合は余裕が出来た際、例えばミニオンを押し込むことが出来てRoamが出来るときにだけしゃべる、といったことから始めるのが良いでしょう