はうちゃれ ~How To Be A Challenger~

S6チャレンジャーが送るブロンズ~ダイアモンドを対象とした LOL (League of Legends)の 攻略 ブログです。

開放の魔道書を使いこなせ!

はじめに

f:id:howchalle:20171210174311p:plain

シーズンが新しくなってから新しく登場したルーンf:id:howchalle:20171210174311p:plain(開放の魔道書)ですが最近になって見かけることが多くなっています。サモナースペルを試合の途中で変更できる、といった効果を持つこのルーンですがメリット、デメリットが当然存在します。今回はそれについてと、どのような場合このルーンを使用していくのかを確認していきます。

開放の魔道書を使いこなせ!

f:id:howchalle:20171210174311p:plain(開放の魔道書)・・・>>最初のサモナースペルのかけらを2分経過時点で獲得し、その後6分毎に1個獲得する(最大2個)。ショップでサモナースペルのかけら1個とサモナースペル1つを交換できる。

更に、サモナースペルのCDRを25%獲得する。

ご存知の方が多い通り、このルーンを選ぶことで試合中にサモナースペルを変更することが出来ます。

1番多く使われているのがおそらくf:id:howchalle:20161128212815p:plain(マルザハール)での使用でしょう。f:id:howchalle:20161128212815p:plainは中盤以降大きくスケールするチャンピオンですが、序盤のレーン戦では相手に押し込まれてしまい、ダメージ交換も難しいチャンピオンなので、f:id:howchalle:20161114234202p:plain(テレポート)を使用してレーンに復帰することを余儀なくされる場合が多いです。しかし中盤以降はSplitPushではなくGroupして甘い位置取りを取った相手をUltで拘束し狙い打つ、といったプレイが要求されるので、f:id:howchalle:20161114234202p:plainよりもf:id:howchalle:20161114234045p:plain(ゴースト)など他のサモナースペルを持ったほうが良い場合が多いです。そういった場合にf:id:howchalle:20171210174311p:plainを使用することで序盤はf:id:howchalle:20161114234202p:plainを持ち、中盤以降は

を使用し、f:id:howchalle:20161114234045p:plainに持ち変えるといったことが可能になります。また、2分の時点でかけらを1つ使用できるので、開幕はf:id:howchalle:20161114234315p:plain(ヒール)を持っておいてGankや1on1での事故の可能性を減らし、1度目のRecallでf:id:howchalle:20161114234315p:plainf:id:howchalle:20161114234202p:plainに変更する、といったことも可能です。

他のチャンピオンではTopでのf:id:howchalle:20170104181430p:plain(ケネン)で使用されることも多く見かけます。このチャンピオンでは耐えるf:id:howchalle:20161128212815p:plainとは逆に、f:id:howchalle:20161114233910p:plain(イグナイト)を持ち込み、積極的にレーンでのダメージトレードでの勝利を狙っていくスタイルになります。他にはJunglerでDragonやBaronが沸いていないタイミングでf:id:howchalle:20161114234514p:plain(スマイト)を別のスペルに変更したり、Supportでレーン戦ではf:id:howchalle:20161114233910p:plainでレーン戦での圧力を上げ、中盤以降ではf:id:howchalle:20161114233659p:plain(イグゾースト)で集団戦でのPeel力を上げる、といった使い方もみかけます。

また副産物のサモナースペルのCDR25%低減も馬鹿にできません。天啓のルーンの1番したの宇宙の英知を選択することで、+5%されるのでサモナースペルのCDRを30%得ることが出来ます。またチャンピオンも限定されますがf:id:howchalle:20161115001030p:plain(アイオニアブーツ)を積むことで40%にも達するのでf:id:howchalle:20161114233739p:plain(フラッシュ)を180秒ごとに使用することが出来ます。なので上記で触れたf:id:howchalle:20161128212815p:plainでは孤立している相手に対してf:id:howchalle:20161114233739p:plain+Rを低間隔で使用することが出来るためかなり強力です。

しかし、当然このルーンを選択することによるデメリットも存在します。まずこのf:id:howchalle:20171210174311p:plainはキーストーンなので、序盤のダメージ量に関してはf:id:howchalle:20171127203346p:plain(エアリー召還)などのほかのキーストーンを使用した方が圧倒的に強いです。なのでf:id:howchalle:20161128212815p:plainでもf:id:howchalle:20171127203346p:plainを使用したほうがよい、ということは当然あります。またサモナースペルの交換を上手く使えなかった際はキーストーン無しで戦っているのと同じなので、どのタイミングで変更するか、といった考えが要求されます。

なので序盤どうするか、中盤以降サモナースペルは何にするか、といったことを考えつつ選択するのがよいでしょう。

まとめ

  • 開放の魔道書を使いこなせ!
  • モナースペルを交換できる
  • そのとき必要と思われるサモナースペルを選択できる
  • マルザハール、ケネンで流行中
  • CDRが強い
  • 他のキーストーンの方がダメージ量では上

最後に

上でも触れたように他のキーストーンの方がダメージ量としては基本的に上です。しかしこちらは戦術の幅が広がるので、自分のプレイスタイルなどを考え1度試してみるのが1番よいと考えます